斎藤一人 珠玉の言葉・音声・動画 ・文字起こしまとめ

龍青三・オフィシャルサイト/斎藤一人さん 歴史的音源ライブラリ

*

1月28日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

      2020/01/28

Sponsored Link

働かないと愛する人を助けることができない。

仕事をしなければ、お金は稼げない。お金がなければ、生活ができない。そして、自分だけでなく、愛する人を助けることもできない。
「愛する人を困らせたくない!」「愛する人のためにがんばる!」。
そう思って、仕事をしてみてください。愛する人のためなら、どんなことでもやれそうでしょ?

どうすれば楽しくなるかを基準にするんだよ。

「どっちが正しいかではなく、どうすれば楽しくなるかを基準にするんだよ」と、ひとりさんはよくいいます。

「どうすれば楽しくなるか」とは、その場にいる人間たちが楽しくなること。

それは人を傷つけることなく、楽しいひとときを過ごせるようにすること。

「楽しい」「きれい」「明るい」と感じられる場所に行けばいいアイデアが生まれる。

幸せに満ちた、元氣が出る場所にいると、たくさんの幸運に恵まれます。
だから、寒いからと引きこもってないで、積極的に外へ出ていこうよ。

「楽しい」
「きれい」
「明るい」
と感じられる場所へ行くと、ひらめきが生まれやすくなって、いい結果を生むことができるんです。

ディズニーランド、大衆演劇、バレエ、美術館……
あなたが行きたいワクワクする場所なら、どこでもいいよ。
私のお弟子さんたちは、それぞれ講演会を行っているけど、好きな人の講演会を聞きに行ってもいいよね。

さらに、仕事場や家も、楽しくて、きれいで明るい空間にすること。
あなただけでなく、みんなが運を開くことができるからね。

商売がうまくいく、たった一つの方法、それはお客様を喜ばせることだよ。

で、『ひとり勝ち』の時代ってなんですか?つったら、こういうことなんだよ。
北朝鮮の喜び組じゃないけど、『どのぐらい客に喜ばれるか』っていう、喜ばれ組みたいもんなんだよ。
そうすると、居酒屋がやってて、だんだんだんだん、暇ンなってきちゃって、「今日はもう三人しかお客がこねぇーよ」と。
「このまま潰れちゃうけど、どうしたらいいだろう」とか、みんな考えるよね、って。

で、どうしたらいいんですか?って、簡単なんだよ。
その三人を大事にして、その三人が喜ぶこと考えりゃいいんだよ。
商売の秘訣って、昔ッからこれしかないんだよ。
その三人が喜べば、また来るよね?って。
明日も来るし、あさっても来るよね、それから友達連れて来る、あすこに面白い店があるよとかって評判になるんだよ。

それを、目の前に客がいるのに、目の前の客のこと忘れちゃって、このままじゃ大丈夫かな?大丈夫かな?って言ってたら、その三人だって来なくなっちゃうんだよ。

わかるかい?
だから、価値観が変わるってことは、新しい客を、うんと取ろう、じゃないんだよ。
それは一昔前のやり方なんだよ。
今いる客を大事にすんだから、一銭も金はかからないんだよ。

わかるかい?
だから、今、ウチだとするじゃない。
俺だとしたら、10人の社長が良くなる事を考えるんだよ。
別に俺は、新しいね、弟子とって、とかって考えてないの。
この10人をどうしようか考えてんだよ。
この10人が、ひとりさんの弟子ンなって良かった、って喜んでくれることを考えてんだよ。

だから、不況ってなんですか?って。
不況なんか大変でもなんでもないよ?って。
価値観が変わるだけなんだよ。

どうしたら喜ばれるかなんだよ。

喜ばれて、その店へ来て、喜んでさえくれれば、そんなもの何だっていいんだよ。
喜んでくれれば、必ず売り上げは、あがるんだよ。

同じ千人修行やって、千人やりましたつっても、全然売り上げの上がってない人、「みんな喜んで帰るんです」
って、喜んでねぇんだよ!って。
ホントに喜んでりゃ、絶対、売り上げって上がるんだよ。

「じゃ、売り上げあげるために喜ばすんですか?」
って、そうじゃないだよ。喜ばせるから、売り上げ、あがるんだよ。

だって、「売り上げの為に人を喜ばそう」と思ってるやつが傍にいて、嬉しいか?って。
喜びを感じるかって、感じねぇだろ、って。

「同じですよね?」って、同じじゃねぇんだよ!そんなもン同じに感じるだけ、バカなんだよ。
もっとしっかり頭使ったとき、何が喜ばれるのか、そのことを確り踏ンまえて、今の人たちも確りやるんだ。
それがわかって、また新規とろうよ?って。

特約だってそうだよ?残ってる客すら喜ばせられないで、新規とって何やるんですか?って。
同じ事するんでしょ?って。
それ、おかしいんだよ。

だから、これからって何ですか?っていうと、何にもお金がかからないで、どんどんお金が儲かるいい時代なんだよ。
今までは、儲けよう儲けようとしたんだよ。

儲けよう儲けようとしたら、儲からなくなったんだよ。
なぜかっていうと、楽しくねぇからなんだよ。
喜びを与えられないからなんだよ。

デパートでもなんでも、来た人にどうやって売ろうか、どうやって売ろうか、ずーっと売り上げあげることを考えてたんだよ。
したら、面白くなくなっちゃったんだよデパートが、だから誰も来なくなっちゃった。
誰もデパート行かないんだよ。

ね?今ダイエーでもなんでも、つぶれかかってきたら、マグロ出してこうやってマグロの切ってっとこ見せたりとか……
マグロの売り上げなんか、たかが知れてんだよ?
でも、目の前でマグロ裂いたりなんかしたら、楽しんだよ、見てて。
実演販売って、楽しいんだよ。

某社長は、だんだんだんだん、アメリカナイズされて、アメリカのやり方をどんどんどんどん取り入れるんだよ。
アメリカで一番の会社、なんですか?って、アメリカ人は楽しいんだよ、パーティーもあるんだよ。
いろんな遊び知ってんだよ、だから買い物なんかついでだ、仕入れなんだよ。
だから、出かけてって、安けりゃいいから箱ごとボコボコ買ってきて、入れちゃうんだよ。
ところが日本人は、レジャーがねンだよ。

レジャーがねえから、唯一のレジャーは買い物なんだよ。
だから買い物が楽しくなきゃダメなんだよ。
1円でも安くて仕入れてきゃいいんじゃねンだよ。
それは、仕入れってのはあきんどがやることなんだよ。
あきんどは金儲けが楽しみだから、1円でも安く、こうやって箱ごと買ってくんだよ。
でも、普通の人はレジャーなんだよ。

通信販売だってそうなんだ、こうやって見ながら楽しんでんだよ。
楽しみを提供する、要は、喜ばれないものは、絶対無理なんだよ。
今からは、儲けようと思えば、儲けが逃げるんだよ。
楽しませればいいんだよ。

お金をかけないで楽しませる方法ってなんでしょう?
喜ばれる方法ってなんだろう?
それを考えるんだよ。

笑顔だってそうだよ?
手相だってそうだ、お金かかんないじゃん。
おみおつけぐらい作ったって大してかかんないじゃないの。

それがホントに喜ばれてるんだったら、人が喜び、売り上げがあがって来るんだよ。
誰だって「ありがとう」っていうんだよ、でも、大して喜んでなくったって日本人は言ってくれんだよ。
ホントに、喜ばれることをしてかなきゃなんないんだよ。

で、俺も10人の弟子が一所懸命、喜ぶことをしてるんだよ。
10人の弟子は、自分たちの主任たちに勉強を教え、何し特約がホントにこの人たちに着いてきて良かったなと。

韓非子読んで、非情の主じゃないんだよ。
特約の人たちって、つぶれちゃってて、ガタガタなっちゃってんだよ。
そこら辺の商店の人って、電気も点けなきゃ窓ガラスも汚んだよ、便所まで汚いんだよ。

それがセブンイレブン入ったときに、電気明るくしろとか、いろいろ言われるんだよ。
で、うるせぇっつうけど、言われなきゃ出来ねンだよぉ。
それを、自由にさしてやったほうがいんだつったら、自由でつぶれかかってる人を自由にさしたら、首吊ってる人の足引っ張ってんのと同じなんだよ。

ウチの会社は喜ばれるためにやってんだから、これとこれはやんなきゃダメだよとか、言ってやんなきゃダメなんだよ。
厳しくするっていうのは、厳しくしなきゃ、死んじゃうんだよ。
だからホントに喜ばれることって、ホントの愛ってなんですか?
それを今勉強してんだよね、って。

そして、『ひとり勝ち』するの。

まるかんは、いつもどこ行っても『ひとり勝ち』なんだ、と。
ホントにね、俺の名前、『斎藤一人』ってよくつけたと思うんだよ。
で、俺は昔っから『ひとり勝ち』のつもりで、ずーっと仕事してきたんだよ。
したらホントに俺の時代が来て、俺を求める時代が来たんだよ。

その時、もう日本一なっちゃった。
ホントは、「これから俺の時代だ!」なんだけど、これからっていうときに俺、日本一になっちゃったんだ。
だから、これから俺、何するかったら、その方法を教えるんだよ。

ましてや、これから俺の時代なんだよ。
そこに、日本一になった人が『ひとり勝ち』なんだ、って。
『ひとり勝ち』しろ、って。
『ひとり勝ち』することが、周りを救うことなの。

わかった?

『ひとり勝ち』の時代なんだよ。

Sponsored Link

 - 一日一語

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

1nichi1go-
1月29日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

自分の花を咲かせてください。赤い花なら精一杯赤い花を咲かせることだよ。それであな …

1nichi1go-
1月21日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

私の話がわからなかったら、それは私の伝え方が悪かったせい。 難しい話しをより難し …

1nichi1go-
1月24日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

イヤな上司は「観音様の化身」と思ってごらん。 イヤな上司が目の前に現れるというこ …

1nichi1go-
1月20日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

悪口を言われたとしても言い返さない。そういう人にいいことが起こるんです。 そもそ …

1nichi1go-
1月4日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

自分に素直になれば成功できるんです。 親のせいとか、世間が悪いとかいう暇があるな …

1nichi1go-
1月26日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

運は一回使ったら、おしまいではありません。 自分で「運がいい」と思っていればいい …

1nichi1go-
1月14日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

カッコよくないとダメだよ。最終的にカッコいいヤツに人はついてくる。 「カッコいい …

1nichi1go-
1月7日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

アンドリュー・カーネギーさん。 鉄鋼王と呼ばれたカーネギーさんですが、実は鉄のこ …

1nichi1go-
1月5日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

「一分間幸せ」なこと考えてごらん。考えるだけで、幸せになれるよ。 ひとりさんは、 …

1nichi1go-
1月19日【斎藤一人:一日一語/令和編+α】

お金は、自分の給料以上には持てない。 お金の価値がわからない人は、お金について学 …