龍青三 オフィシャルサイト

*

■バカボンのパパと読む「老子」~ドリアン助川 

      2016/04/15

Sponsored Link

老子を理解するために様々な先生方の本を参考にしましたが、どうもしっくりこないのです。
いや先生方の訳や解説をを批判しているわけではなく、単に龍青三がそれに馴染めないだけのことなのです。

私は老子をこのように解釈しました、とアウトプットするとき、どのように表現したら、老子の言いたかったことを伝えることが出来るだろうか?
そんなことを意識して、数々の老子関連本を読んできました。

当ブログにも個人的な老子解釈を載せていますが、本来公開するような代物ではなく未完成状態で、思いついたとこを書きなぐった連想的散文のようになっていて申し訳ありません。
実は、いずれ老子解釈を書籍にして出版する予定です。
原稿も少しづつ書いているところです。

Sponsored Link

そんななか、ひょんなことが切っ掛けで、このドリアン助川さんの本を知りました。
出版されてから一年以上も経っているのに、こんな素敵な本があることをまったく知りませんでした。
別に購入した角川SSC新書の好評既刊の広告でたまたま知りました。
老子解釈をバカボンパパに語らせるという、その斬新なアイデアには参りました。
う~m、その手があったのか!と。

ドリアン助川さんがカルチャーセンターで老子を教えていたときに、TAOをどうやってみんなに味わってもらうべきだろうか、と考え込んでいたときに、天啓を受けたのだとか。

参考にしていた老子本の挿絵から「わしもいっしょに旅をするのだ」とささやく声が聞こえた、ような気がした、と。
さらに老子像をじっと見ていたら、「わしにそっくりなのだ。わしといっしょに読むのだ。これでいいのだ」と声がした!
「バカは永遠の天才なのだ!それがTAOなのだ!」

こうして、この素敵な本が誕生したのでした。
さすが、ドリアン助川さんだけあって、表現が素晴らしい!

最後に、龍青三の感想というか、独り言……
バカボンのパパにもっと弾けて欲しかったなぁ。
パパに酒でも飲ませたら、もっと過激でハチャメチャな(しかしスジの通った)話が聞けるのかなぁ……

Amzon紹介文
今日本はとんでもない問題を数々抱えている。そんななか、老子の「無為自然」の考えがきっと役に立つはず。生きるということは自然の摂理とともにあるということ。そこから始めるしかないのだ。しかし、漢字だらけの老子の文章を読み解くのは難しい。そんなときにあらわれたのが「バカボンのパパ」だった。とっつきにくい漢文をわかりやすく解説する、「バカボンのパパ語訳」による老子本の登場。
新書: 201ページ
出版社: 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2011/11/10)

【目次】
上巻
第一章   道(TAO)は語れないのだ
第二章   相手があって存在するのだ
第三章   うすらバカでお腹いっぱいなのだ
第四章   からっぽで満々なのだ
第五章   踏めば踏むほど気持ちいいのだ
第六章   ママも玄牝の一人なのだ
第七章   後ろにいて前にいるのだ
第八章   なるようになるのだ
第九章   成功したら去るのだ
第十章   ばっちり一人でできるかな、なのだ
第十一章  有るは無いから生まれるのだ
第十二章  ネコの卵はわしをおかしくさせるのだ
第十三章  なんでも大事にすればいいというものではないのだ
第十四章  はっきりとはしないがそこにある恍惚なのだ
第十五章  いっぱいのいっぱいになってはいけないのだ
第十六章  話がでかすぎるのだ
第十七章  王様は忘れられなければいけないのだ
第十八章  孝行息子を求める時代があやしいのだ
第十九章  文章としていまいちなのだ
第二十章  わし、ひとりぼっちなのだ
第二十一章 うすらぼんやりはえらいのだ
第二十二章 やぶれることで新しくなるのだ
第二十三章 信用しない人は信用されないのだ
第二十四章 無理は無駄なのだ
第二十五章 宇宙のお袋さんは疲れないのだ
第二十六章 軽いと飛ばされるのだ
第二十七章 ダメ人間は人の元なのだ
第二十八章 バカをつらぬくのだ
第二十九章 たくさんの人がいて世が成り立つのだ
第三十章  武器を使ってはいけないのだ
第三十一章 戦争は悲しみの連続なのだ
第三十二章 TAOに向けて流れ込むのだ
第三十三章 死んでも死なないのだ
第三十四章 小にして大なのだ
第三十五章 TAOは味がないし、見えないし、聞こえないのだ
第三十六章 反対の反対なのだ
第三十七章 欲がないと静かなのだ
途中で―「老子の中で、レレレと驚く部分」
下巻
第三十八章 失われて、だんだんバカになっていくのだ
第三十九章 みんな一から始まったのだ
第四十章  弱い力が強いのだ
第四十一章 まっすぐな人はぶれぶれなのだ
第四十二章 陰と陽でレレレのリズムなのだ
第四十三章 形のないものが強いのだ
第四十四章 持って生まれた才能で満足するのだ
第四十五章 口べたこそ雄弁なのだ
第四十六章 人も国も欲をかくとろくなことがないのだ
第四十七章 出かけなくてもわかるのだ
第四十八章 勉強すると勉強が増えるのだ
第四十九章 みんなの心がわしの心なのだ
第五十章  自然に振る舞うとなかなか死なないのだ
第五十一章 道があって徳があるのだ
第五十二章 世界のママはTAOなのだ
第五十三章 近道は間違う道なのだ
第五十四章 どう生きるかがその人なのだ
第五十五章 赤ちゃんは最強なのだ
第五十六章 知ってる人はしゃべらないのだ
第五十七章 法律が厳しくなると泥棒が増えるのだ
第五十八章 わしは他人をジャッジしないのだ
第五十九章 敵がなくなると限界がなくなるのだ
第六十章  幽霊も悪さをしないのだ
第六十一章 へりくだってえらくなるのだ
第六十二章 人の価値も変わるのだ
第六十三章 大きなことはちっちゃなことから始まるのだ
第六十四章 積み重ねの妙なのだ
第六十五章 みんなで天才バカボンになるのだ
第六十六章 王様が一番へりくだるのだ
第六十七章 バカに見えれば本望なのだ
第六十八章 争わず、用いるのだ
第六十九章 陣無きを陣とするのだ
第七十章  わし、あんまり理解されないのだ
第七十一章 欠点がわかれば欠点がなくなるのだ
第七十二章 オーラは内に秘めてこそ、なのだ
第七十三章 天の理屈は誰にもわからないのだ
第七十四章 天が決めることなのだ
第七十五章 税金を取り過ぎるとみんなが苦しむのだ
第七十六章 弱いのが強いのより強いのだ
第七十七章 余っているものは差し出すのだ
第七十八章 正しい言葉は反対の言葉なのだ
第七十九章 貸しても返せと言わないのだ
第八十章  もう一度素朴に生きるのだ
第八十一章 為して争わないのだ
おわりに― 「無為自然なのだ」
—–
あとがき
赤塚不二夫先生とのエピソード
※参考:叫ぶ詩人の会
『ハタ坊のおでん』より一部転載

僕の人生はあっけなく終わるじょ
最後によみがえるのは
ハタ坊のおでんだじょ
僕は君に会えてよかったじょ

なぜならハタ坊
君のおでんには×はなかったじょ
すべてをダメにしてしまう×はなかったじょ
絶望の×はなかったじょ
僕の人生はハタ坊のおでんだったじょ

僕らは時を貫く
一本の串のような命
○と△と□だけの
ハタ坊のおでん
おでん

望みを断たれた夜も
死にたいと思える日々も
丸と三角と四角と
それだけの組み合わせでしょう

——
【内容 一部抜粋
第1章 道(TAO)は語れないのだ
【読下し文】
道の道う可きは、常の道に非ず。名の名づく可きは、常の名に非ず。
名無きは、天地の始めにして、名有るは、万物の母なり。 故に常に欲無きもの、以て其の妙を観、常に欲有るもの、以て其の徼を見る。
此の両つの者は、同じきより出でたるも而も名を異にす。
同じきものは之を玄と謂う。玄の又玄、衆妙の門なり。

【ドリアン助川訳】
道が語りうるなら、それは恒常の道ではない。
名が名付けうるものなら、それは恒常の名ではない。
名のないところから天地が現れたのであり、名があって万物は存在し得た。
だから、ものに対する欲望の無い者のみが、道の妙(見えない本質)を見ることができ、
常に欲望に囚われている者は、その徼(結果として現れた姿)しか観ることができない。
妙と徼の二つは同じところから出てくるが、それぞれ名を異にする。
これらが出てくる同じところを玄(奥深い神秘)と呼ぶ。
いや、玄よりもいっそう見えにくい玄、すべての妙が出てくる門である。
*「道」~宇宙の根源、その作用と存在のすべて。TAOと発音する。
また、言うという意味で動詞として捉えることもある。

【バカボンのパパ訳】
話してどうだとわかるようなものは、永遠不滅のTAOではないのだ。レレレのレなのだ。
目ん玉つながりのおまわりさんとか、ウナギイヌとか、ニャロメとか、名前を付けて呼べるようなものも、 永久の存在ではないのだ。

名付けようがないものからお空や地面は始まったのだ。だから、あれが欲しいこれが欲しいと思わない無欲の人のみが、現象の向こう側にある「見えない本質」を観ることができるのだ。
あれが欲しいこれが欲しいと欲のかたまりになっている ような人は、結果として現れたものの姿しか観ることができないのだ。

現象に隠された本質も、現象そのものも、同じところからレレレのレーと出てくるが、見えないほうは妙と言い、見えている現象のほうを徼(きょう)と言う。この二つが出てくる同じところを玄と呼ぶのだ。
いやいや、玄を生み出すもっと見えにくい玄、あらゆる本質が飛び出してくる門がこの世の根っこにあるのだ。
これでいいのだ。

Sponsored Link

 - 良書紹介

スポンサーリンク

Comment

  1. あろま より:

    龍先生、ありがとうございます。 さっそく、この本買いました。 懐かしい、「叫ぶ詩人の会」のドリアン助

    川さん。 昔、NHK教育の番組の中で、バンドのキッカケ話で、ドリアンさんが、ドイツへ行かれたとき、

    アウシュビッツ収容所にて、壁に蝶々の絵があって、その絵の下に 「ぼくが、この世で最後に見る蝶々

    」と書かれてあり {その日、ガス室に送られたユダヤ人少年の絵なのだそうです} コレを見た、ドリアン

    さんは、「こんな幼い子供が、自分の運命を達見し、なおかつ後世にメッセージを残したと言うのに、俺

    は、なにをしてるんだ」と奮い立ち、日本に帰って 「叫ぶ詩人の会」 を始められたと、記憶してます。

    そして今、老子とバカボンパパのコラボ、楽しくて安らぎますね、

    個人的意見として、龍先生が仄めかされるように、パパに酒のませて、バカボンパパというより、赤塚

    先生だったら的かたりでもオモシロイかも、そしたら、バカボン一家に留まらず、ハタ坊やココロのボス

    にもコメント覧に 「〇〇だじょー」 や 「〇〇はダメのココロ」 とか顔だしたり、特にTAOの水に例えら

    るくだりは、変幻自在の、ヒミツのアッコちゃんが、適役かと、赤塚ワールドで育った、50代は思いまし

    た。

    • 龍 青三 より:

      あろまさん、コメントありがとうございます。
      ドリアンさんの志には胸をうたれます。
      いやいや
      あろまさんのアイデア、おもしろいですね
      想像してたら腹がひくひくってなりました

      • あろまブラック より:

        読んでくださいまして、感謝してます。

        ハンドルネーム、あろまブラックです、前回は前々回の記録ネームをクリックしたら、途中

        の、あろま、の所で、でアップしてしまいました。 失礼いたしました。

        前回のコメントで、ドリアンさんと、赤塚先生についてのみ、言及したカタチになりましたけど

        スッカリまるで、大気を呼吸していながら、大気圏内にいることを忘却するように、メインである

         老子 の存在を忘れていました。

        つい、がんばりすぎてしまう、日本人には、神薬といっても過言ではない、老子および老荘思想

        これを、東北大地震の年にバカボンパパとコラボさせ、世に出したドリアンさんは、天才です。

        そして、2000年のときを越えて、人の心のこわばりを解きほぐす、老子においては、TAOと同

        一化されてるのでしょう。赤塚先生も2000年未来の人の心をときほぐされるのは明白ですね

        龍先生の偉大さは、この、がんばりすぎに特効性のある、コトバのサプリを、成功法則の大家

        斉藤ひとりさんを同じ、ページに紹介されているところです。

        絶妙の処方箋。

        ホント、以外と多いんです、ひとりさんの覚悟や押し出しの話を、単に努力と根性のことだと

        解釈してる方って、

        ひとりさんって、根っこ、のはじまりから、発想が、反物質世界の方の気がします。

        我々のように、日本の学校教育の、競争心と服従心の呪いが、全くかかっていない方ですから

        だから、普通、に我々、学校教育をドップリ染み込ませた脳の人間は、この学校モノサシで、ひ

        とりさん節を、理解{誤解}しやすいんです、

        だから、龍先生のこの、精神論の並べ方は、絶妙なんです。

        これなら、ひとりさんの、不完全主義とかも、正しく理解できます。

        • 龍 青三 より:

          あろまブラックさんのコメント
          ひとつひとつ 共感、また感銘を受け、大いに啓発されました。
          ありがとうございます。

          特に
          >我々のように、日本の学校教育の、競争心と服従心の呪いが、
          >全くかかっていない方ですから
          >だから、普通、に我々、学校教育をドップリ染み込ませた脳の人間は、
          >この学校モノサシで、ひとりさん節を、理解{誤解}しやすいんです、

          あ そうか なるほど~(^^♪
          と得心しました。

          ※あろまブラックさんの身に余るお言葉
          ありがとうございます。
          今後とも 精進します。

  2. あろまブラック より:

     こちらこそ、感謝してます。

    前回、龍先生の精神論の並べ方{配列}は、絶妙です、といいました。

    ほかにも、古今東西の名言集をネット上で紹介される方は、おられます。

    すこし違うのは、

    炭素原子は配列のちがいで、石炭にもなれば、ダイヤモンドにもなりますが、

    龍先生の、数々の精神論者の先生方の紹介履歴の配列は、まさに、ダイヤモンドそのものだということ

    です。

    龍先生のさらなる活躍を、楽しみにしてます。

    • 龍 青三 より:

      ありがとうございます。
      そこまで読んで(観て)くださっているとは 本当にありがたいことです。

      あろまブラックさんの達意の文章(コメント)には、いつも感服しています。
      ブログ継続の励みになります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

okanehikiyose
【新刊】 斎藤一人 天も応援する「お金を引き寄せる法則」 三部作コンプリート

. 2015年8月25日 三部作完結版 刊行! 天も応援する「お金を引き寄せる法 …

『パワーか、フォースか』人間のレベルを測る科学/デヴィッド・R. ホーキンズ

Sponsored Link 内容紹介 著者のデヴィッド・R・ホーキンズ博士は、 …

150109_000
うつ病を自分で治す方法(薬なしで克服) 食事と脳(考え方)を変えるだけ 【斎藤一人さん】

うつに苦しんでる方の為に、参考になればと思いシェアいたします。 まずは、斎藤一人 …

niku_140402_005
50歳からは肉を食べ始めなさい/藤田紘一郎

最近、ある事がきっかで、肉(や動物性たんぱく質)を摂ることの重要性を改めて認識し …

150511_008
【コミック版】 人生に迷ったら知覧に行け/永松茂久

永松茂久さんの コミック版・人生に迷ったら知覧に行けが発売になりました。 Spo …

NHK
小山和伸教授 これでも公共放送かNHK! 君たちに受信料徴収の資格などない

神奈川大学の小山和伸教授が展転社から「これでも公共放送かNHK」が出版されました …

gyakugire
女性のための「逆ギレ」のすすめ/当代一の大富豪が教える最新の教え【斎藤一人・舛岡はなゑ】

新刊のおしらせです 以下、ひとりさん公式ブログより引用 新刊のお知らせ 今日は楽 …

140520_003
斎藤一人さんがシゲと呼ぶ、愛弟子永松茂久さんのこと_

永松茂久・プロフィール 大分県中津市生まれ。たこ焼き屋の行商から商売をはじめ、日 …

150718_000
【斎藤一人】 世界一 ものすごい成功法則!

書籍紹介 初公開! 一人さんの〝スゴい〟お話が満載! 「お金や幸せを手にしたい」 …

noguti
【野口嘉則さん】 「これでいい」と心から思える生き方*

野口嘉則さんの著書紹介 「これでいい」と心から思える生き方 サンマーク出版(20 …