龍青三 オフィシャルサイト

*

弟子入りおめでとう(100回聞き002)

      2015/07/07

Sponsored Link

はい、おはようございます。

長い長いあのテープをですね、100回聴いてくれてありがとうございます。
あなたを正式に斎藤塾の塾生として認めます。

それでですね、最後に、このことを聞いといて下さい。
決して自分が優秀だから、斎藤塾に入れたんじゃないんだ。
人間といういうのは、未熟なんだ。
まだまだ未熟で、まだまだ不徳である。
不徳っていうのは、徳がないことね。

これはどういうことですか?っていうと。
例えば、能面を作る日本一の人でも、技術的に事業家の人でも、自分はまだまだ未熟だと思っている人はどんどんどんどん伸びます。
そして不徳というのは、まだお釈迦様とかキリストに比べたら、自分の徳なんてホントにちっちゃくてまだまだですっていう人は、まだまだ上にのぼります。

Sponsored Link

ちょうど上りのエレベータに乗ってるぐらい、どんどん、どんどん昇っていきます。
ところが、途中で、俺は偉いんだとか、人に自慢したり、それから逆に言うと、些細なことでいじけたり、おごったり、高ぶったり人に対して横柄な態度をとりだした時、もう、その人は下りのエレベータ乗かったように、スーっと落っこってきます。

だから、一生涯昇り続けていくために、ああ、一人さんに、未熟だって認めてもらったんだ。
未熟だから弟子にしてもらったんだ。
だから、毎日毎日、自分の目の前にいる人、自分の出来るとで精一杯自分を磨いていこう。

それから、一生かかってもいい、一生かかって今世できなかったら、また来世までかかってもいいから、少しずつそういう仲間を増やして、錦の札をもらうんだっていう、そういうつもりで、ゆっくりゆっくりと旅をするつもりで励んでください。

そして、自分がまだまだ未熟で、まだまだ徳が足りない人間なんだ。
そして自分を磨いていこうって、そういう気持ちになって、また時々このテープを聴いて、また上級のテープを聴いて、自分を励ましながら進んでいきましょう。

そして、私もまだまだ未熟で、まだまだ不徳ですから、ホントに死ぬまで顔晴っていきます。

いい仲間ができて幸せです。
ありがとうございます。

Sponsored Link

 - 100回聞き

スポンサーリンク

Comment

  1. 唐安迦 より:

    すみませんが日本語を勉強中で、
    不審な箇所があるのでお教えてください。

    『そして、私もまだまだ未熟で、まだまだ不徳ですから、ホントに死ぬまで顔晴っていきます。』のは『頑張っていきます』と同じですか?
    唐より

  2. 龍 青三 より:

    唐さまの、先回も今回のコメントも、
    外国の方が書いたものとは思えない文章だったので、
    台北にお住まいの日本人の方だとばかり思っていました!

    『顔晴って』は
    『頑張って』の発音と同じ 『がんばって』
    斎藤一人さんが考えた、日本語にはない造語ですね。

    一般的に
    『頑張る』という言葉は、
    歯を食いしばって、身体に力を入れて、
    緊張して何かの目標を達成するときの表現ですよね。
    スポーツなどの応援は、頑張れ頑張れ!です。

    力を入れるときは身体を緊張させないといけないので、このときの顔は笑っていません。
    アームレスリング、綱引きなどのシーンをイメージするとわかりやすと思います。
    (笑いながらでは、力はでませんからね)

    『顔晴れ』は
    顔が晴れると書きますので、晴れやかな顔、
    つまり、笑顔のことですね。

    ですから、
    『顔晴っていきます』は
    明るく楽しく笑顔でいきます。というような意味になります。

    一般的な『頑張って』とは違う意味の表現です。

    ちなみに、
    この他にも、
    同じ発音ですが、元々の言葉とはチョッと違う意味の造語があります。

    ■成功 ⇒ 成幸

     『幸せに成る』と書きます。成幸者とは斎藤一人さんのような方ですね。
     他人も幸せ(にして)、自分も幸せ、「幸せだなぁ、豊かだなぁ」

    ■機嫌 ⇒ 気元

    ■上機嫌 ⇒ 上気元

    ■競争 ⇒ 共創
     他人を蹴落とし、競いあうのではなく、共に創る
     助け合って目標に向かっていくという意味
     ※例:渡り鳥経営

    取り急ぎ、今、思いつく限りで書きました。
    この他にもあるかと思います。

    関連するお話は、
    ブログの右サイドバー、広告が出ているすぐ下の
    検索バーから
    『気元』とか『共創』とか入れていただければ調べることが出来ます。

    斎藤一人さんは、東京生まれで江戸弁(東京の方言のようなもの)で話されますので、
    今勉強されている、日本語にない表現があるかと思います。
    外国人の方は、たしかに、ヒアリングだけでは、理解できないところがあって当然だと思いました。

    文字起こしは、ひとりさんの話にできるだけ忠実に再現しているので、
    わかりにくいところもあると思われます。
    まだ、文字起こしをしていないところもあります。

    文章、ヒヤリングでわからないところがありましたら、
    お気軽に、お尋ねください。

  3. 唐安迦 より:

    お教えていただき、大変勉強になりました。
    日本語には言霊がこもっているようです。
    この造語は語呂合わせになるでしょう。
    外国人にとっては、奥深いです。
    でも、私は大好きです。
    とにかく、感恩、感激、感謝いたします。
    どうもありがとうございます。
    台湾人の唐安迦 敬具

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

sunsetDog
足るを知る~親の過分な期待が子をダメにする(100回聞き033)

※この音源は すごく簡単に幸せになる方法(100回聞き020) と同一のものです …

140620_001
一人で二人分働く(100回聞き009)

★ひとりさん直伝商売のコツ ・貼り紙の書き方ひとつで商人の腕(レベル)が分かる …

140625_007
人は天に可愛がられている02(100回聞き018) (文字起こし完成Ver.)

はい、おはようございます。 100回聞いてくださいの話です。 前にですね、人は神 …

140517_003
絶対に勝てる人・絶対に負ける人(100回聞き015) (文字起こし完成Ver.)

これはですね、ビジネス、仕事ですね。 仕事においての人の見分け方。 「この人はこ …

100回聞き
100回聞き シリーズ全集 コレクションBOX

100回聞きシリーズ全集 詰め合わせセット♪ ▼タイトル一覧▼ ※クリックすると …

cat
幸せにならなきゃいけない理由(100回聞き019)

人と動物と違うのは、人は考え事をするっていうところがあるんです。 人は、他の動物 …

140608_008
出し切る(100回聞き005) 4話の話し_02

4部作・第2話 ・上級の話 ・出し切る ← 現在このお話をしています ・徳を積む …

140613_004
神様の時間調整(100回聞き030)

この前入れた「ツキを呼ぶ話」っていう中の追伸の追伸で喋ってます。 そのときに、く …

16667-moon-1280x800-space-wallpaper
お弟子さんが教わった究極的な話(100回聞き029)*無から有を生み出す話

この話はものすごい究極的な話です。 最近、私のお弟子さんになりたい、っていう方が …

753_140513_004
売上げを倍にする753の法則(100回聞き032)

はい、おはようございます。 今日は珍しく、仕事の話です。 皆さんの売上が、何ヶ月 …