龍青三 オフィシャルサイト

*

ネガティブなお客さんを一生涯の顧客にする方法

      2015/07/11

Sponsored Link

ひとりさんQ&A
ネガティブなお客さんへの対応/見込み客を一生涯の顧客にする方法

Sponsored Link

質問が2コ来てます。

【Q1】すごくネガティブなお客さんを、ポジティブにする方法

はい。わかりました。
これは、意外と簡単なんです。
で、どういうふうにするかっていうと、当然これは……
人間ってのは誰がやっても成功するってことはないんです。

ただ、これ以上の方法はないんじゃないか?っていうのが、ひとつあります。
それは、『愛を持って叱ってあげる』

ホントに否定的なお客さんがいたとする。
で、いろんなこと言いますよね?
それに対して、例えば、ひざこし元気だと三角形で飲みにくいとか、言ったときに、

病気を治すなんていうのは、大変に決まってるんです。
注射すりゃぁ痛いんです。入院すりゃぁ金かかるんです。
大変に決まってるんです。
戦わなきゃいけないんです。
戦って、健康にならないといけないんです。

自分が病気してるっていうだけで、周りの人がどれぐらい気を使うか。
考えなきゃいけないんです。

同じ旅行に行くんだって、
『膝が痛いから、温泉につかりたい』よりも、『膝も元気だから、温泉行く』ほうがいいに決まってるんです。
大切な人生を、アッチ痛いコッチ痛いで過ごすのはよくないんです。
頑張んなきゃいけないんです。
人間は頑張らなきゃいけないんです。

……って、今叱ってくれる人が、非常に少ないんです。
叱ってやるのが一番いいんです。
で、叱って来なくなることもあります。

でも、愛をもって叱ると、「ああ、あの人は私のことホントに親身になってくれてる」
今そういう人が非常にすくないんです。

だから叱ってあげるということです。

【Q2】見込み客を、一生涯のお客様にする方法

これは、さっきの話と全く同じなんですけど……
いつもそうなんだけど、我々にとって一番大切な人って誰ですか?っていうと、大概はお母さんなんです。
で、お母さんって何ですか?っていったとき、
『愛を持って叱ってくれる人』なんです。

自分に対して、愛情を持って接してくれる人なんです。
で、もしそういう人が出来たらば、一生涯のお客さんになることは充分可能なんです。

だから、煎じ詰めると大概のことはひとつなんです。

で、以上です。

※愛情を持って叱る

Sponsored Link

 - 商売・仕事に関するお話

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

140608_009
★泥縄式~ハイスピード商売術 (文字起こし完成Ver.)

商売を始めようとする方に、ぜひ聴いていただきたいお話です。 商売はスピードが肝心 …

140513_002
お金をかけずに売り上げを伸ばす 『一人勝ち』 の法則

一人さんの独り言です。 非常にこれは、いい話ですから、しっかり聞いてて下さいヨ~ …

140619_003
プロ中のプロの話

え~、では、これで最後です。 20世紀は、プロ意識があれば成功できたんです。 2 …

140901_012
商人は頭脳労働者

ブレインワーカー・レジェンド 今からですね、商人は頭脳労働者なんだって話をします …

140427_000
卑しい商人になるな(1万円の苦労)

一万円の苦労 1万円の苦労ってなんですか、っていったとき、よくこういうこと言われ …

140519_000
商人の啖呵

『言いたいことをハッキリ言って生きられる人生』 はい。 皆さ~ん、こんにちわ~。 …

140517_005
売れる会社には独特のシステムがある

非常に大切な話をします。仕事に関することです。 まず、基本的な仕事のことからちょ …

140618_001
健康食品販売について語る

こんにちわ。 今からですね、仕事の話をします。 これはね、非常にあのー、わかりづ …

korekusyonbox
♪特選コレクションBOX 【商売・仕事編】

日本一の商人から直接学ぶ商売・仕事の真髄。マインドセット。 ▼タイトル一覧▼ 0 …

140416_000
商売と金儲けのコツ~プロの指導霊を味方につける

おはようございます。 斎藤ひとりで~す。宜しくお願い致します。 今日は『商売のコ …