龍青三 オフィシャルサイト

*

【坂村真民詩集より】 二度とない人生だから 念ずれば花ひらく

      2016/04/12

Sponsored Link

■一本の道を

木や草と人間と
どこがちがうだろうか
みんな同じなのだ
いっしょうけんめいに
生きようとしているのをみると
ときがくれば彼等が
人間より偉らいとさえ思われる
彼らはときがくれば
花を咲かせ
実をみのらせ
じぶんを完成させる
それにくらべて人間は
何一つしないで終わるものもいる
木に学べ
草に習えと
わたしはじぶんに言いきかせ
今日も一本の道を歩いて行く

■花

花には
散ったあとの
悲しみはない
ただ一途に咲いた
喜びだけが残るのだ

■悟り

悟りとは
自分の花を
咲かせることだ
どんな小さい
花でもいい
誰のものでもない
独自の花を
咲かせることだ

■二度とない人生だから

二度とない人生だから
一輪の花にも
無限の愛を
そそいでゆこう
一羽の鳥の声にも
無心の耳を
かたむけてゆこう

二度とない人生だから
一匹のこおろぎでも
ふみころさないように
こころしてゆこう
どんなにか
よろこぶことだろう

二度とない人生だから
一ぺんでも多く
便りをしよう
返事は必ず
書くことにしよう

二度とない人生だから
まず一番身近な者たちに
できるだけのことをしよう
貧しいけれど
こころ豊かに接してゆこう

二度とない人生だから
つゆくさのつゆにも
めぐりあいのふしぎを思い
足をとどめてみつめてゆこう

二度とない人生だから
のぼる日しずむ日
まるい日かけてゆく月
四季をそれぞれの
星々の光にふれて
わがこころを
あらいきよめてゆこう

二度ない人生だから
戦争のない世の
実現に努力し
そういう詩を
一編でも多く
作ってゆこう
わたしが死んだら
あとをついでくれる
若い人のために
この大願を
書きつづけてゆこう

■念ずれば花ひらく

念ずれば
花ひらく

苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつ ひとつ
ひらいていった

Sponsored Link

 - 名言

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

no image
稲妻に悟らぬ人の尊さよ

■稲妻に悟らぬ人の尊さよ [松尾芭蕉] ある知識ののたまはく、 「生禅大疵の基」 …

no image
愛する所には駑馬を相するを教う

愛する所には駑馬を相するを教う あいするところにはどばをそうするをおしう 優れた …

no image
学問のあるバカほど恐いものはない

バカは恐いものだけれど、ただのバカならまだよい。 何が恐いといって、学問のあるバ …

no image
論で人は動かぬ。利で動く。

論で人は動かぬ。利で動く。[坂本龍馬] 人は事の善し悪しで動くのではなく、利害や …

no image
殺仏殺祖

逢佛殺佛 逢祖殺祖 逢羅漢殺羅漢 逢父母殺父母 逢親眷殺親眷 始得解脱 [臨済録 …

140831_000jyankiskurai
【運命好転の秘訣】 考えたことは外れる 感じたことは当たる [桜井章一]

ギャンブラー、勝負師は、常に自分自身と向き合っています。 村田英雄が唄います。 …

no image
牛に騎って牛を求む

騎牛求牛 [禅語] 求めるものは既にあなたの内にあるのに……

no image
守破離

●守破離(しゅ・は・り) 師について何かを学ぼうとするとき、『守』→『破』→『離 …

no image
空樽は音が高い

空樽は音が高い 空樽をたたくと高い音をたてるように、内容のない軽薄な人にかぎって …