龍青三 オフィシャルサイト

*

PRIDEプライド 【斎藤一人さん】 

      2015/11/29

Sponsored Link

※関連 ⇒ http://ryuseizan.tsuvasa.com/sukikiraino-seiki

え~、こんにちわ。
今日は、『好き嫌いの話』って、最近よくしてるんだけど、仕事の方なんだけどね。
好きな人と仕事してりゃ人間楽しいし、好きなとっから人間買い物したいし、嫌いなとこから買い物したくないし、っていうのありますよね。
うちも、あの~、まるかんのこと好きな人と付き合って欲しいという、まあ今あの和美さんのところろで話てんだけど、和美さんのことが嫌いだったら仕事しちゃダメだよ。
っていうのが、うちの基本なんですよ。

で、他所はあの~大概が社長嫌いだとか、つってるけど、うちって社長が嫌いだったら辞めた方がいいよっていうのがうちの会社なんです。
で、それの結集されたものが、うちのパーティーなんですよ。
で、まるかんてみんな仲良しですから、みんながいろんな情報あるとね、スグ教えてくれるんです。
パーティーも楽しいから、楽しさ追求したり、カッコよさを追及したり。
大概の人ってね、カッコいいこととか楽しいこと、好きなんです。
まるかんてはね、付き合いっていうのは、パーティーだけなんです。
だから、結婚式 兼 お葬式みたいなものなんです。

で、これが、まるかんのパーティーなんです。
好き嫌いだから、パーティー嫌いなら来なくてもいいですよ。
あたりまえですよね?

ただ、人間の情としてね、まるかん大好きですとか、和美さん大好きですとか言って、葬式も絶対来ないと。
結婚式もこないと。
それで、和美さんのこと好きだ好きだって言ってっと、和美さんだけじゃなくてもですよ、全員が、嘘つくのもいい加減にしろよ、口先だけで言ってんじゃないよって、なりますよね?

そういう人が、好かれますか?って言ったとき、そんなの好かれるわけないすよね?
親戚でもなんでも、たまには用事はあるんですよ、3回に1回用事があるとか、ありますよね?
それはないとは言わないんですよ。

いつも用事がある、葬式も用事がある、結婚式も用事がある、ありとあらゆることに用事があるとすると、それで、好きですよは、絶対に通らなくなる。
そうすると、向こうのほうも和美さん嫌いだって人もいるかもわかんないけど、こちらも嫌いだっていうの、ありますよね?
好き嫌いですからね。

それで、和美さんもそうですけど、大社長の私も、あまり人間が出来てるほうじゃないですから。
かなり、好き嫌いはあります。
ホントに、それは常識だと思っててください。商人の常識。
で、商人って人に嫌われるようなことしちゃいけないんです。

それと、みんなで楽しくやろうよっていうパーティーなんだから、1回も参加しない、私はまるかんさんが大好きです、和美さんが大好きです、っていうのが、本当にそういうことがずっと通ると思ってて生きて来たんだとしたら、すごいですよね?
これは、無理ですよ。
てまあ、これを言いたいだけなんです。

じゃ、一旦これで切ります。

……

え、続きです。
ちょっとこれだけは、聴いてて欲しいことがあるんですけれど、皆さんに和美さんの方から、いいアイデアがあったよとか、いい情報があるよ、ってFAXが流れますよね。
ホントにね、これで成功するなんていのは、なかなか教えられないんですよ。
みんなっていうのは、あたるかあたんないかのことを、おっかなびっくりやって、ひとつ当たる。
そうするとホントは人やなんかに教えないんですよ。

和美さんのところから、FAXがちょくちょく流れるぐらい、いいことがありましたよって流れてくるのは、実は、和美さんが実験してるんじゃないんですよ。
特約の仲間たちが、一所懸命、これがよかったよって、仲間に教えてあげてくれって来るんですよ。
そうすると、皆さんは、情報いただいているんですよ。
で、いただいている情報は嬉しいけれど、そういうのには参加したくないんですとかっていうことは、これは人情的にホントに通るんですかね?

パーティなんて、自分のご飯代出すだけなんですよ?
自分のご飯食べるだけの話で、別にパーティーでうちは利益あげてるわけじゃない、みんな赤字出してまでやってんですよ。
人件費やなんかで大変な赤字なんだよね。

そういのにも、ずーっと来たくないんです、って言ってると、嫌われますよ。
これは大社長にはどうにも出来ませんよ。
きっとあなたもそういう人が自分のそばにいたら、絶対その人嫌いなはずです。

で、嫌われて、商人は成り立ちませんよ?

で、以上で~す。

……

え~っとですね。
パーティーのことで続きです。
続きの続きで申し訳ないんだけどね、ちょっと誤解があるからね、これだけ聞いておいてもらいたいんです。

あのね。
パーティーと仕事は違います。
だから、あ、こういうパーティーやることによってね、売り上げて、とかっていうけれど、うちはパーティーで売り上げ上げようとかって、一切考えてません。

それと、売り上げが上がるような内容に別になってないです。
あれで売り上げが上がるとか、そういう問題じゃないんです。
で、売り上げがこれで上げようっていうんだとしたら、全員招待するとかね、帰りに手土産出すとか、新製品の発表するとか、それなら分かります。

これは、うちあたりの、楽しい楽しい仲間の会なんです。
だから、これと仕事とは別です。

うちは好き嫌いの会社だから、こういうもんで売り上げを上げようなんてこと考えてません。
売り上げっていうのは、日ごろ、一所懸命やる、いい製品出す、その人が一所懸命お客さんに説明する、そんなことは当たり前なの。
鼓舞されてやるようなもんじゃ、ないの。
そんなことたぁ、当たり前なんだよ。

で、一所懸命働いてるから、みんなで集まって楽しく遊ぼうよ。
で、楽しく遊んでる最中に、仕事の話なんか持ち出さないです。

みんなお客さん呼んでお客さん呼んでって、お客さんも最後まで、いつ新製品の発表で、なんか買わされんじゃないか。
ま、こんな楽しいパーティーだったら、なんか買ってってもいいかな?と思ってたの。

ね?
うちはね、日本一なの。
日本一のプライド持ってやってんの。
パーティーを利用して、帰りにモノ売ろうなんて、情けないやつがいたら、全員クビ!
大社長一人でやるから、誰もついてこないでいいからね。
一人でやる。

ね?
で、後ろを振り返ったとき、それでもいいですってついて来た人が本物なの。
ね?
だから他所のパーティー、5万といったり10万といったり、みんなしてると思います。
一緒にしないで下さい。
プライド傷つきますから。

もし、そんなこと言ったって聞いただけで、私は相当アタマに来ますから。

で、一応終わります。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 斎藤一人さん

スポンサーリンク

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

icon_870_brain
成功脳 【斎藤一人さん】

柴村恵美子さん出版記念パーティーの講演より 歳をとらない方法教えます この前ね、 …

no image
【斎藤一人さん】 原点に戻る(2007浜松講演5) 【永久保存版】

※ひとりさんの教え・永久保存版 2007年04月14日 アクトシティ浜松講演より …

140728_000rolex
金のROLEX 【全話】 (文字起こし完成Ver.)

ROLEXの話【全話】 今日は、ひとりさん、ROLEXの話をお願いします。 はい …

no image
【斎藤一人さん】 小石からダイヤモンド

おはようございます。 勉強しようね、っていう話で。私よく本を読むんですよ。 で、 …

140512_015
【斎藤一人さん】 天使のつばさ~これを聴くだけで救われる話 【永久保存版】

私は、この音声メッセージで救われました どうしようもなくつらいときに聴いてくださ …

140608_016
人生が上手く行く流れの話 ~俺の山河は美しいかと~ 【斎藤一人さん】 

※山河(五木ひろし/歌 小椋佳/作詞 堀内孝雄/作曲) 流れの話 みんなも覚えて …

shape 246
本当の成功脳【全】(病気・潜在意識・脳の仕組み)_

病気の話・潜在意識の話 今、お姉さんのところに来てます。 病気の話、潜在意識の話 …

140516_014
絶好調②~幸せになる話

それから、幸せになりたかったらね「幸せだ」って言いな、って。 先にだよ。 「幸せ …

140607_008tengoku
地球が天国になる話 12/20~小姑の持つ劣等感

だから結構よくある例が、お母さんが口うるさくて「はい、はい」といい子で育っちゃう …

140607_008tengoku
地球が天国になる話 09/20~植えつけられた劣等感

で、どっかであなたに劣等感を植えつけた人がいるの。 それは何ですか、どんなふうに …