龍青三 オフィシャルサイト

*

ルドルフ・シュタイナーの超感覚的世界~神智学・透視・霊視・霊聴・宇宙語を理解する四大主著4冊

      2015/07/09

Sponsored Link

140517_004

ルドルフ・シュタイナー(Rudolf Steiner 1861年2月27日 – 1925年3月30日(満64歳没))は、 オーストリア帝国(1867年にはオーストリア・ハンガリー帝国に、現在のクロアチア)出身の神秘思想家 。アントロポゾフィー(人智学)の創始者。哲学博士。
シュタイナーは20代でゲーテ研究者として世間の注目を浴びた。1900年代からは神秘的な結社神智学協会に所属し、ドイツ支部を任され、一転して物質世界を超えた“超感覚的”(霊的)世界に関する深遠な事柄を語るようになった。「神智学協会」幹部との方向性の違いにより1912年に同協会を脱退し、自ら「アントロポゾフィー協会(人智学協会)」を設立した。「アントロポゾフィー(人智学)」という独自の世界観に基づいてヨーロッパ各地で行った講義は生涯6千回にも及び、多くの人々に影響を与えた。また教育、芸術、医学、農業、建築など、多方面に渡って語った内容は、弟子や賛同者たちにより様々に展開され、実践された。中でも教育の分野において、ヴァルドルフ教育学およびヴァルドルフ学校(シュタイナー学校)が特に世界で展開され、日本でも、世界のヴァルドルフ学校の教員養成で学んだ者を中心にして、彼の教育思想を広める活動を行っている。

Sponsored Link

wikipedia_

ルドルフ・シュタイナーの四大主著

1 自由の哲学

「外なる世界と内なる世界、外なる法則性と内なる道徳性との間に横たわる深淵は、ただ自由な魂だけがこれに橋をかけることができる」(本書「あとがき」より)。刊行後100年以上経つ現在も、まばゆい光芒を放ち続ける、シュタイナー全業績の礎をなしている認識論哲学。社会の中で否応なしに生きざるを得ない個としての人間は、個人の究極の自由をどこに見出すことができるのか。また、思考の働きは人類に何をもたらすのか。シュタイナー四大主著の一冊。(「BOOK」データベースより)

2 神智学

「本書の中で、超感覚的世界の若干の部分を叙述するつもりである。感覚的世界だけを通用させようとする人は、この叙述を空疎な想像の産物と見做すだろう。しかし感覚界を越えてゆく道を求める人なら、もうひとつの世界を洞察することによってのみ、人間生活の価値と意味が見出せる、という本書の観点をただちに理解してくれるだろう。」(本書より)「秘教」の思想を、明晰な思考に導かれた新しい総合文化へと再編し、個人の自己実現と社会の進歩へとつながる可能性を提示した、シュタイナー四大主著の一冊。(「BOOK」データベースより)

3 神秘学概論

本書は、シュタイナーの四大主著の一冊であり、その思想の根幹が綴られている。肉体、エーテル体、アストラル体、自我という人間存在のヒエラルキアを解明し、宇宙論、人間論の中で、めくるめくような宇宙史の壮大な展望の下にマクロコスモス(宇宙)とミクロコスモス(人間)との関わりをあとづけ、進化の法則と意識の発達史、古代秘儀の本質、輪廻転生論、悪魔論、霊的認識の方法などを記し、過去と現在と未来についての常識をくつがえした前代未聞の神秘学大系が展開される。(「BOOK」データベースより)

4 いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか

霊学研究の諸成果に関心を寄せる人々の中には、そのような人生の高次の謎を口にする者が一体どこからその知識を得たのか、という点に疑問をもたざるをえない人もいるであろう。本書はまず第一にこのような人のために役立ちたいと望んでいる。霊学は人生の高次の謎の本質に深く係わろうとする。この霊学からの発言の根底にある諸事実を吟味しようとする人は自力で超感覚的な認識を獲得しなければならない。本書はそのための道を記述しようとしている。四大主著の一冊。(「BOOK」データベースより)

プラスα 霊視と霊聴

物質というものはない、物質とはすべて凝縮した霊なのだ、とする著者が、瞑想修行の道を真摯に歩もうとする人々に与える導きと励ましの書。
瞑想修行、そしてそれによって到達される霊視、霊聴とは何か。とりわけ薔薇十字的な瞑想修行による霊視と霊聴に到るための具体的なプロセスと理論を、基礎から深遠で難解な核心部に到るまで、余すところなく公開する極めて秘教的な連続講演集。

宇宙語(ライトランゲージ)


私自身のエネルギーを大切にする、その波動のチューニングをするのに宇宙語が利用出来­るのです。宇宙語はハートと宇宙を繋いだコミュニケーションでありハートを開いていき­ます。

シュタイナー研究学者 高橋巌氏の講話


ベーシックインカムとは何か?
人間は社会で魂をうばわれて生活しているのではないか、という状況を説明する。
シュタイナーの社会の主要法則は、まさにベーシックインカムの構造である。

社会の主要法則
共に働く人びと全体の幸せは、
一人ひとりが 自分の働きの収益を自分のために求めることが
少なければ少ないほど大きくなる。

言い換えれば、その一人ひとりが
この収益を共に働く人びとに分け与えることが 多ければ多いほど、
そして自分自身の必要としているものを、
自分の働きによってではなく、
ほかの人々の働きによって満たすことが多ければ多いほど、
ますます大きくなる。
[Rudolf Steiner]

Sponsored Link

 - スピリチュアル, 良書紹介

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

140621_002
一瞬で幸せになる方法/阿部敏郎

内容紹介 元シンガーソングライターで沖縄県在住のスピリチュアル講演家が、日本全国 …

140526_003
【野口嘉則さん】 3つの真実~人生を変える 愛と幸せと豊かさの秘密 【まとめ】

野口嘉則 著 『3つの真実』 人生を変える愛と幸せと豊かさの秘密 【まとめ】 S …

140920_000
スペシャルインフルエンサーひとりさんの人を動かす魅力・影響力の秘密がわかる本

ひとりさん通信 第七刊でも触れていますが、 今、ひとりさんがオススメする本は…「 …

140429_018
嫌われる勇気 ─ 自己啓発の源流「アドラー」の教え/岸見一郎・古賀史健著

内容紹介Amazonより 「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない―― 【 …

140526_005
成功力 (臨場感たっぷりの語りCD付) マキノ出版 (2013/11/15)

内容紹介 当代きっての実業家が明かす「運をつかむ生き方」 「成功のコツは口ぐせと …

150511_008
【コミック版】 人生に迷ったら知覧に行け/永松茂久

永松茂久さんの コミック版・人生に迷ったら知覧に行けが発売になりました。 Spo …

『パワーか、フォースか』人間のレベルを測る科学/デヴィッド・R. ホーキンズ

Sponsored Link 内容紹介 著者のデヴィッド・R・ホーキンズ博士は、 …

150708_003
天皇の金塊/高橋五郎

天皇の金塊とは 戦後日本を急成長させたのは、「黄金の百合」と呼ばれる“天皇の財宝 …

noguti
【野口嘉則さん】 「これでいい」と心から思える生き方*

野口嘉則さんの著書紹介 「これでいい」と心から思える生き方 サンマーク出版(20 …

140524_003
誰でも成功できる 押し出しの法則 【みっちゃん先生著】

成功している人が必ずやっている秘密の方法 ロングセラーズ(2013/10/27) …