龍青三 オフィシャルサイト

*

【ショーン・エイカー】 幸福優位7つの法則 幸福と成功の意外な関係 【まとめ】

      2015/05/21

Sponsored Link


ショーン・エイカー著
幸福優位7つの法則
仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論
徳間書店 (2011/8/27)
Sponsored Link

★内容紹介
「自分は幸せだ」と思える人ほど、よい結果を生んでいる。
ハーバード大学で人気第1位の講師直伝!
最先端のポジティブ心理学が解き明かす「成功」と「幸福」の驚くべき関係。

世界中から秀才が集うハーバード大学で学生から絶大なる人気を集める「幸福学」講座で講師を務めた著者は、厳しい競争環境でも前向きな精神状態を作り上げて抜きんでる人とプレッシャーに負けて行き詰る人の違いはどこにあるのかを追求。

本書では、ハーバード大生や著名企業のプロフェッショナルへの実証実験を踏まえ、成功をめざしてやみくもに努力するのではなく、幸福感や楽観主義をもつことが学業、仕事での成果に、組織の生産性向上、チームワークの強化に結びつくという事実を浮かび上がらせ、その要因を幸福優位性(ハピネス・アドバンテージ)と名付け、7つの法則にまとめた。

自己啓発から組織マネジメント、教育と幅広く応用可能で示唆に富んだ一冊。
グーグル、コカ・コーラ、IBMなど世界的企業で採用され、驚異の効果をあげたメソッド。本邦初公開!

『努力すれば成功する。成功すれば幸せになれる』という図式は間違いだということだ。
努力して結果を出した人は、往々にしてさらに高い目標を設定し、成功と幸せを先送りしてしまう。

すなわち、幸せは『成功に先行する』のであり、単なる成功の結果ではないのだ。
簡単に言おう。
人間は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人間が成功するのだ。

★目次
パート1 職場におけるポジティブ心理学~幸福優位性の発見/職場における幸せと成功/人は変わることができる
パート2 幸福優位7つの法則
法則1 ハピネス・アドバンテージ~幸福感は人間の脳と組織に競争優位をもたらす
法則2 心のレバレッジ化~マインドセットを変えて仕事の成果を上げる
法則3 テトリス効果~可能性を最大化するために脳を鍛える
法則4 再起力~下降への勢いを利用して上昇に転じる
法則5 ゾロ・サークル~小さなゴールに的を絞って少しずつ達成範囲を広げる
法則6 二〇秒ルール~変化へのバリアを最小化して悪い習慣をよい習慣に変える
法則7 ソーシャルへの投資~周囲からの支えを唯一最高の資産とする
パート3 幸せの波及効果~幸福優位性を仕事に家庭に人生に応用する

★幸福優位7つの法則より

●法則1 ハピネス・アドバンテージ(幸福優位性)

「嬉しいなぁ」「楽しいなぁ」「幸せだなぁ」と思っている時ほど、物事は上手く行くという科学的根拠。

エイカー氏の実験より。
幼児の場合。
4歳の子供を2つのグループに分けて、積み木を組み合わせて別の形を作るというような作業をさせる。
片方のグループには「何か嬉しかったことを思い出てみて」と指示を出してから作業をスタートさせる。
もう一方のグループには何も指示しない。
すると、明らかに「嬉しかったこと」を思い起してから作業をスタートしたグループのほうが作業が速かったという。

成人の場合。
経験豊かな医師をグループに分け、『医療における重要な判断』のシミュレーションをしてもらった。
1つのグループには事前に「幸福度」を高める仕掛けをし、別のグループには特別なにもしなかった。
その結果、事前に幸福度を高めた医師グループの方は、他のグループの2倍のスピードで意思決定をし、しかも判断ミスは半分以下だったという。
では、「幸福度を上げる仕掛け」ってなんですか?というと、作業前に、たった1個のキャンディーを配っただけだった!

●法則2 心のレバレッジ化(心の持ち方を高める)

良いイメージを持って行動すれば、成果は増加する。
マインドセットによって、行動の結果は大きく変わってくる。
てこの原理を心に応用する。
てこの長さ=自分が持っていると信じる潜在能力や可能性、
支点の位置=変化を起こす力を生じさせるマインドセット

実験。
アジア人女性を集め2日に分けて同じ難易度の数学テストを実施。
1日目のテストの前に「女性は男性に較べて数学が苦手」という話しをし、そのことをイメージしてもらってから開始した。
2日目のテストの前には「アジア人は他の人種よりも数学の能力が高い」という話しをし、そのことをイメージしてもらってから開始した。
2回のテスト問題の難易度は同じだったにも関わらず、2日目のテストの点数は1日目より飛躍的に跳ね上がった。

香港大学では「自分の能力はどんどん向上する」と考えている学生と「自分の能力は固定されている」と考えている学生を、それぞれグループ分けし、一定期間ごとに英語の能力を計測した。
結果は、「自分の能力はどんどん向上する」と考えている学生の成績はどんどん良くなり、「自分の能力は固定されている」と考えているグループの英語の成績は、ほとんど伸びなかったという。

●法則3 テトリス効果

ポジティブな気分を維持すれば、いつでも上手く行くようになる。

テトリスというゲームには強い中毒性があり、ハマってしまうと、街を歩いていても、本屋の本から電気屋の段ボールまで、何でもテトリスに見えて組み合わせたいと思ってしまうという。
テトリス効果とは、何か一つのことをやり続けることで起こる現象のこと。
ポジティブな意識を持ち続けることによって、脳はどんなことが起きてもポジティブに思えるようになるということ。

実践。
一日の終わりに「今日あった3つの良いこと」を書き出してみよう。
1日5分、この作業を毎日繰り返す。
すると、脳内に、ポジティブな自分をスキャンするという回路が生まれ、徐々にポジティブな自分を常に見つめられるようになっていく。

●法則4 再起力(心的外傷後の成長)

気持ちを上手に切り替える方法を習得する。

問題や困難な状況に直面したとき、問題解決の為の行動をしなければ苦しみから抜け出すことはできない。
まず問題を直視し、状況を冷静客観的に判断し、問題解決の方法を考える。
人間には再起する力がある。
失敗をこの世の終わりのように考えるのではなく、『失敗から学んで成長して最後には成功するんだ』と考える。

多くのベンチャー投資家は、ビジネスで大失敗した人物しかマネージャーとして雇わないという。
マイケル・ジョーダンは高校の時は、レギュラーメンバーにも入れず控え選手だったという。
ジョーダンはこう語る。
「私は人で何度も何度も挫折した。それが今の成功をもたらした」

●法則5 ゾロ・サークル

小さな目標を設定し、クリアする。

ゾロというのは、アメリカでは古典的ヒーローである怪傑ゾロのこと。(日本では1961年にTV放映された)

ゾロは最初から無敵だったわけではなく、荒削りで隙が多かった若者時代に、師匠に徹底的に鍛えられて一人前になって行った。その時の訓練手法として使われたのが「ゾロ・サークル」。

小さな円を自分の周りに書き、その中で自在に動けるように鍛練をする。
そして十分自分をコントロールできるようになったら、円を大きくして、さらにダイナミックな動きができるように訓練のレベルを上げる

いきなり大きな目標を設定すると、プレッシャーが大きくなり、モチベーションも低下するため、最初は努力する範囲を狭くし、クリアすることに集中する。
クリアするたびに少しずつハードルを上げていき、大きな目標をクリアする。

仕事でも家庭でも、自分自身が運命の主人公であるという感覚は、幸せと成功をもたらす最大の推進力となる。
重要なのは、どれぐらいコントロールできるかではなく、『どれぐらいコントロールできると思っているか』

コントロール感覚が身についている人は、自分の成果を正しく認識できる。
コントロール感覚が身についていない人は、自分を正しく認識できない。

コントロール感覚を身につけるには、「正しい自己認識」という、一番小さな「ゾロ・サークル」を作ること。
ここで重要なことは、気持ちや感情を、客観化すること。

●法則6 20秒ルール

やりたくないことの準備は20秒でもしない。
20秒面倒な事がなくなるだけで良い習慣は続くようになる。
20秒面倒なことがあると悪い習慣を止めやすくなる。
悪い週間を止めるには20秒面倒なことをしなければならないようにする。

私たちは「単なる習慣の塊」である。
習慣は「初期設定」を変更しないと、変えることができない。
初期設定は、一番楽なことに集約されていく。

著者はギターが趣味だが忙しくて弾く機会がなかったため「毎日30分ギターを弾く」という目標を立てた。
しかし、4日で挫折した。
原因は、ギターがリビングのソファーから歩いて20秒かかるクローゼットにしまってあることだった。
ギターを取り出すための20秒が面倒になってしまったのだ。
そこで、ギタースタンドを購入し、ソファーの自分の座る位置から手が届くように置いた。

人はやりたくないことや面倒なことがあると、些細な障害でも大きな障害と感じ、面倒な気分になってしまう。
些細な障壁を取り除くことで、新しい生活習慣を作ることができる。

「面倒くささ」が習慣化を拒んでいた、ということ。
重要なのは、「望ましい行動」を「最も抵抗の少ない道にする」ということ。

悪い習慣を止めるための実験。
著者は帰宅後にだらだらテレビを観てしまう習慣を何とかしたいと思いながらも、止められないでいた。
仕事が終わり自宅に戻ると、まずリモコンでテレビのスイッチを入れてしまうのだ。
そこで、テレビのリモコンから電池を抜き、リビングから20秒かかる部屋の引き出しにしまった。
代わりに積ん読になっていた本を自分が座る位置に置いた。

最初の数日は、帰宅すると、電池が抜けていることを忘れてリモコン操作してガッカリしたという。
しかし、著者は引き出しまで電池を取りに行ったかというと、面倒だから行かなかった。
テレビまで行って操作するのも面倒だ、チャンネルを変えるのもボリュームを下げるのも面倒だ。
代わりに、すぐそばにある本を手に取ってパラパラめくったり、手許にあるギターを弾いて時間を過ごすようになった。

やがて、テレビ番組に対する興味が薄れている自分に気づいた。
そして読書とギター練習という、より「望ましい」習慣を身に付けた自分を発見した。

●法則7 ソーシャルへの投資(仲間づくり)

幸せになるためには仲間が大切。

予期しない難局や脅威に直面したとき、それを切り抜ける唯一の方法は、信頼している誰かと一緒に乗り切ること。
成功している人ほど、人を信頼し、人を大切にし投資する。

ハーバード大学はアメリカで最も優秀な人物が集まる大学の一つだ。
それは何を意味するか。今まで全米各地で「成績トップ」として生きてきた人達のうちの半分が、ハーバードでは「平均以下」に位置することになる。
過酷な競争社会ハーバードの学生の幸福度を研究した結果を、ある学者は次のように表現した。
「研究によって得られた発見を、一言で言えば『愛』に尽きる」

同じぐらい辛い状況、追いつめられた環境にある学生たちでも、信頼できる仲間関係を構築できている学生たちの幸福度は高く、孤立している学生は幸福度が低いという結果が出たのだ。

大学に限ったことではない。
2008年アメリカを襲ったリーマンショック直後、多くのアメリカ企業は未曾有のパニック状態に陥ったが、その際に多くの企業は社員同士のコミュニケーションの機会を増やし、相互の絆を強める努力をしたという。

福利厚生費や懇親会などの費用は不況の時にはまっさきに削られてしまうものだが、マネージャーたちは自腹でビール代を捻出し、社員と自由に会話する時間を持ち続けたという。

幸せは一人でも得られるものだが、そこに仲間の存在があることで、その幸福度は格段に高まり、強固なものに育っていく。
人と人との絆に投資する。これが大切なことなのだ。

幸福優位性は伝播する。
「笑顔」という形を通して、人から人へと伝わっていく。
「嬉しい」「楽しい」「幸せ」
プラスの感情を積極的に表に出すことで、周りにも幸せな気持ちの人が集まるようになる。
プラスな人々が集まることで、「上昇スパイラル」が生まれ、どんどん仲間同士の絆が強まり、幸福度が高まっていく。
同じことは家庭でもいえる。

★著者講演より 一部紹介

ほとんどの企業や学校で 考えられている成功の法則は「一生懸命がんばれば成功できる」「成功すれば幸せになれる」というものだということです。これは多くの人の子育てやマネジメント法、動機付け方法の基礎になっています。

これらの問題は、科学的に間違っており、逆だということです。
第一に、成功するたびに脳がするのは、『成功の定義を再設定する』ということです。
良い成績を取れば、もっと良い成績を取る。
良い学校に入ったら、さらに良い学校に入る。
良い仕事に就いたら、さらに良い仕事に就く。
販売目標を達成したら、目標をさらに上げる。

幸せが成功の向こう側にあるのなら、脳はいつまでもたどり着けません。
私たちがしてきたのは、社会が一体となって、幸せを認知できる範囲外に追いやるということです。
それは私たちが「成功したら幸せになれる」と考えているからです。

でも私たちの脳は、それとは逆の順に働くのです。
現状へのポジティブさの度合いを引き上げられれば、その人の脳は「幸福優位性」を発揮し始めます、
つまりポジティブな脳は、ネガティブな脳や、ストレス下の脳よりも、ずっと良く機能するということです。

知能が上がり、創造性が高まり、活力が増大します。
実際、あらゆる仕事上の結果が改善されることがわかりました。

ポジティブな状態の脳は、ネガティブな状態の脳より31%生産性が高くなります。
販売で37%成績が上がります。
ネガティブやニュートラルでなく、ポジティブなときに、医者は19%早く正確に、診断するようになります。
これは法則を反転させられることを示しています。

現状に対してポジティブになることさえできれば、脳は、より熱心に、速く、知的に働き、その結果として、より成功するようになるのです。

幸福と成功の法則をひっくり返すことができれば、自分の脳に本当は何ができるのか見えてきます。
ポジティブなときに脳で増加するドーパミンには、2つの役割があります。
幸福感を引き起こすだけでなく、あらゆる学習機能をオンにして、世界に対して違ったやり方で適応できるようにするのです。
脳がよりポジティブになるよう、訓練する方法を私たちは見つけました。
ほんの2分半でできることを21日続けるだけで、脳の回路を書き換えて、より楽観的でより成功するように、脳が働くようになります。

今ではどこの会社に行っても、これを教えることにしています。
ありがたく思うことを毎日新たに、3つ書くというのを21日間続けましょう。
それを終える頃には、世の中にネガティブなものではなく、ポジティブなものをまず見つけようとするパターンが身につきます。

過去24時間のポジティブな体験を日記に書けば、脳がそれを追体験することになります。
運動は行動が大切であることを脳に教えます。
瞑想は、私たちが複数のタスクを同時にしようとして陥る、文化的なADHDを克服して、手元にある1つのタスクに集中できるようにします。

そして意識して親切な行動を取りましょう。
メールソフトを開くたび、支えてくれる人の誰かに、称賛や感謝の気持ちの、メールソフトを開くたび、支えてくれる人の誰かに、称賛や感謝の気持ちの、ポジティブなメールを書くという人もいます。

このような活動をすることで、体同様に脳だってトレーニングできます。
そして幸福と成功の法則を反転させ、ポジティブな波紋を広げるだけでなく、本当の革命を生み出すことができるのです。

Sponsored Link

 - 心理学, 自己啓発

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

isiihiroyuki
【石井裕之】 なぜ占い師は信用されるのか

■なぜ占い師は信用されるのか まとめノート http://youtu.be/rP …

gan02
雁 V字飛行の旅

youtubeで素晴らしい動画を見つけましたので、シェアしたいと思います。 斎藤 …

isiihiroyuki
【石井裕之】 一瞬で信じこませる話術

■一瞬で信じこませる話術-コールドリーディング(石井裕之) まとめノート ●セレ …

140708_000
【石井裕之】 心のブレーキの外し方

●心のブレーキの外し方 【石井裕之】 まとめノート 「心のブレーキ」とは「潜在意 …

141020_004
コールド・リーディング 人を操る 石井裕之禁断のテクニック

■コールド・リーディング(Cold reading)とは 外観を観察したり何気な …

140526_003
【野口嘉則さん】 3つの真実~人生を変える 愛と幸せと豊かさの秘密 【まとめ】

野口嘉則 著 『3つの真実』 人生を変える愛と幸せと豊かさの秘密 【まとめ】 S …

140429_018
嫌われる勇気 ─ 自己啓発の源流「アドラー」の教え/岸見一郎・古賀史健著

内容紹介Amazonより 「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない―― 【 …

140911_000
【石井裕之】 心のDNAの育て方

■心のDNAの育て方(石井裕之)まとめノート ●幸せになれない人の共通点 想像力 …

141012_000
エリオット先生の差別体験授業  【震撼の心理実験】 青い目、茶色い目 ~ 教室は目の色で分けられた…

差別される側の気持ちを実際に体験し、子供たちの人種差別に対する考え方を変えさせる …

noguti
【野口嘉則さん】 「これでいい」と心から思える生き方*

野口嘉則さんの著書紹介 「これでいい」と心から思える生き方 サンマーク出版(20 …