龍青三 オフィシャルサイト

*

天皇の金塊/高橋五郎

      2015/07/08

Sponsored Link

天皇の金塊とは

戦後日本を急成長させたのは、「黄金の百合」と呼ばれる“天皇の財宝”だった。
それは今も日本の経済を支え、世界金融の動向を左右しているのだ。
本書はそんな「黄金の百合」の謎に迫り、現代日本の政治、経済を陰操る世界金融の知られざる構造を暴く。

Sponsored Link

内容紹介

「金の百合」と称せられる“巨大資金”がわが国には隠匿されている。
戦争を繰り返した大日本帝国が、“天皇の名”のもとにアジア各地から強奪した戦利品の集大成である。
現代の日本社会をも動かしつづけているという、この略奪財宝の実態とは果たして何なのか?
「金の百合」を軸に見えてくる、これまで決して語られることのなかった、明治以降の日本における最大のタブーと欺瞞を白日のもとにさらす。

世界支配層の策略

日本には1500年もの昔から、天皇家に伝えられた大量の金塊があった。
将軍達は天皇家から金を借りて戦さをしたり幕府を起こしたりしていた。
戊辰戦争の時に、グラバー及びジャ―ディンマセソン商会は、日本を南北に分断して戦わせたかったわけだが、薩長には性能のいい鉄砲を、奥羽越列藩同盟には性能の悪い、米国の南北戦争で使ったスクラップの銃を売った。
しかも奥羽越列藩同盟は負けてるのをいいことに買った武器も納入せずにジャーディマセソン商会はトンずらしたそうだ。
出典:http://www.maroon.dti.ne.jp/terii/sakuryaku.html

「金融カラクリ、天皇の金塊」を熟知するIMFアヌープ・シン局長「日本が世界の経済地図の中心」と高評価

*出典:板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/540402aa02bc1ae6a90ad25567d290b2

◆国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局のアヌープ・シン局長が10月29日、東京都内で開いたセミナー(IMF主催)で「アベノミクスの1年目」をテーマに講演し、このなかで、安倍晋三首相が掲げている「アベノミクス」政策の「三本の矢」(大胆な金融緩和と機動的な財政出動、成長戦略)の効果について、「日本の株式市場などに多くの海外資金が流入するなど『日本が世界の経済地図の中心にきた』」と高く評価したという。
米国連邦政府が財政難に陥り、加えて「国債のデフォルト(債務不履行)」危機に苦しみ、英国も財政難を克服できず、欧州はドイツ以外の国々が経済再生を図れないでいる。

アジアでは、中国が経済成長減速、バブル経済崩壊の危機に直面している最中、新疆ウイグル自治区の人民を中心とするグループが権力の中枢に近い天安門で「自爆テロ」を敢行し、隣国韓国も経済危機に見舞われている。

このなかで、日本は、「アベノミクス」政策の「三本の矢」が、じわじわと経済効果を発揮しつつあると世界各国からの期待感が強まってきている。アヌープ・シン局長は、このことを高く評価しているのである。
実のところ、日本は不況の20年の後半ごろから、いつでも「経済再建・景気浮揚策」を立てて、欧米諸国に先駆けて、「トップ・ランナー」になることは十分可能であった。
ところが、アングロ・サクソン民族やユダヤ人たちは、日本が経済再生の先頭に立ち、「トップ・ランナー」になることを嫌い、2011年ごろには「5年間はじっとしていてくれ」とクギを刺してきていた。
それが2012年になって豹変した。2011年末に日本が「金融カラクリ」(スイスのプライベート・バンクに預けている金塊が担保)により、米国連邦政府の「デフォルト危機」を救い、さらに2012年末も救ってからである。米国ばかりでなく、欧州金融危機も日本の「金融カラクリ」が救った。

日本が「金融カラクリ」(スイスのプライベート・バンクに預けている金塊が担保)には、IMFが深く関わっており、「金塊担保」により「準通貨」(2000兆円分)を発行、これで米国連邦政府の「デフォルト危機」と「欧州金融危機」を救ったのである。

さらに、米国連邦政府が2013年10月17日、ついに「デフォルトを起こす」と思われた寸前、日本は再度、「金融カラクリ」により「準通貨」(2000兆円分)を発行して、オバマ大統領をピンチから救った。

米連邦準備制度理事会(FRB)のなかで、この日本の「金融カラクリ」に関する実務にIMFとともに携わってきたのが、ジャネット・イエレン副議長(ハーバード大学経済学部助教授、クリントン政権の大統領経済諮問委員会委員長など歴任)であった。
この実務についてバーナンキ議長は、よくわかっていない。そこで、2013年1月に任期満了により退任するバーナンキ議長は、後任としてイエレン副議長をオバマ大統領に推薦したのである。

アヌープ・シン局長が、「日本の株式市場などに多くの海外資金が流入するなど『日本が世界の経済地図の中心にきた』」と高く評価したのは、こうした日本の「金融カラクリ」について、熟知しているからである。しかし、こればかりではない。

アヌープ・シン局長は、日本が文字通り「黄金の国ジパング」であることを実感している。それは、「天皇の金塊」と言われている「日本の真の財力」を熟知しており、世界支配層(主要ファミリー)の名実ともに「頂点」に立っていることをよく理解している。

通貨についても、国際基軸通貨が、すでに米ドルではなく、「円」に移っていることも、身に染みて知り尽くしているのだ。「日本が世界の経済地図の中心にきた」という言い方が、何よりもこのことを証明している。

【参考引用】
産経新聞msn産経ニュースが10月29日午後3時41分、「「日本が世界経済の中心に来た」とアベノミクスを評価 IMF局長」という見出しをつけて、以下のように配信した。
「国際通貨基金(IMF)は29日、『アベノミクスの1年目』をテーマに東京都内でセミナーを開いた。講演したアジア太平洋局のアヌープ・シン局長は、大胆な金融緩和と機動的な財政出動、成長戦略という『三本の矢』で、日本の株式市場などに多くの海外資金が流入するなど『日本が世界の経済地図の中心にきた』と、政策を高く評価した。安倍首相が、来年4月に消費税率を8%に引き上げることを決めたことについては『財政の機動性確保に向けた第一歩』と歓迎した。ただ、先進国で最悪の水準にある日本の財政状況については『さらなる改革が必要』と改善を求めた。一方、諸外国に比べ高い水準にある日本の法人実効税率の引き下げについては『成長への寄与度と、その裏にある(税収減という)財政負担も天秤にかけ考える必要がある』と述べた」

天皇家の金塊伝説

*出典:ひとりごと、ぶつぶつ

http://satoru99.exblog.jp/20708414

昨日の日記に、金本位制兌換紙幣の発行について書きました。その裏づけとなる金がなければ金本位制には移行できません。私は日本はそれだけの金を保有していると信じています。トンデモ話と笑わないで読んでみてください。ついこの間まで闇の政府の話を持ち出すと陰謀論だとして、笑われてきたことを思い出してください。

日本は昔は黄金の国ジパングと呼ばれていました。火山の多い国ですから金の産出も多かったのです。しかし歴史を調べてみますと、金が通貨として流通していたことはなさそうですし、金を使った仏像が大量に見つかったという話もありません。大判、小判の話もありますが、一般庶民には夢のような話で見たこともない人が多かったのではないでしょうか。それでは金などなかったといえば、そうではありません。おそらく金は資産として経済力や権力を持った者が貯めておくもので、表には出さないものだったのではないでしょうか。
それでは日本の通貨は何が使われてきたのかというと、お米です。戦国時代から幕末まで、経済力の比較には石高が使われました。米の収穫量です。金属製の通過がなかったわけではありません。ちょっとした日用品の買い物などには使われていたようですが、銅などが使われ金は柔らかいので、一般の通貨として使うと減ってしまうし、額が大きくて使い難かったので、大判小判はもっぱら隠し資産、お宝として存在したのでしょう。

明治政府が出来た時、発行されたのは兌換紙幣でした。記された金額と同等の金と交換できることを保障するのが兌換紙幣です。天皇家は長い歴史がありますから相当の隠し資産として金を保有していたことは想像に難くありませんが、新紙幣を発行するにあたり、明治政府はそれまでの徳川幕府に従ってきた旧藩からも新紙幣を発行するにあたり、持っていた金資産を供出させたのではないかと推察されます。日本中の金資産が中央に集められたのですからかなりの量の金塊になったことでしょう。
開国まもない日本が日清、日露の戦争を始められたのも、軍費が調達できたのも、この莫大な金塊があったればこそです。日本を開国に導いたユダヤ金融家たちが、まったく信用に値しない新興国に資金援助をしたのは、この金塊の存在をしっていたからです。金貸し業という人たちはシャイロックのように確実な担保がなければお金はびた一文貸しません。

この莫大な量の金塊について、ユダヤ金融家たちは、なんとか自分たちのものにしたいと考えを巡らせました。そしてとりあえず自分たちの設立した銀行に保管させることに成功したのです。バチカン銀行か、スイス銀行だと推測します。これらの銀行は世界の王族や資産家の金を預かりますが、利息はつけません。税金もかけません。その代わり預けた国に政変が起きようが、何があろうが、預けた本人か、その子孫でないと受け渡しをしません。それが信用になって、世界の資産家たちが隠れ資産を預けます。マネーロンダリングやタックス・ヘイブンが出来るのはこうした銀行があるからです。
日本を潰す目的で始められた第二次世界大戦でも、あれほど日本が軍事にお金が使えたのも、負けることが分かっていたのに、国債を買ってくれたユダヤ金融たち。日本が勝とうが負けようが金塊さえ手にはいればよかったのです。たしかに軍事費を賄うために金塊を売り出したので、かなりの量の金塊は彼らの手に渡りましたが全部ではありません。まだまだ大量の天皇家の金塊は残っているのです。その証拠に金融工学に失敗したイルミの幹部はしばしば金策に天皇家を訪れているのです。

戦後、天皇は憲法で国民の象徴とされ、政治的権力を失いましたので、戦後復興は国民の力で成し遂げられました。天皇の金塊について言及されることもなくなりました。天皇の金塊は保管する銀行の保有物となってしまったのでしょうか。いいえ、彼らが自ら決めたルールでは、天皇の金塊は天皇しか引き出すことは出来ないのです。明仁天皇が自ら赴いて引き出せば、日本に金塊は戻ってきます。このお金を使って再び日本は金本位制の兌換紙幣を発行することが出来ます。以上は私の推論で物証はありませんが、歴史を丹念に調べてみればこんな結論を出すことも可能であることを知って欲しいのです。
(注)太平洋戦争中に軍部が集めて隠蔽されたとする金塊も存在しますが、それらはいずれ元の持ち主に返還されるべきもので、天皇家の金塊とは別物です。

最後に:『天皇の金塊』に対する反証を紹介します

*出典:『天皇の金塊』の嘘

http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-228.html

こんにちは、今回は天皇の金塊の嘘を暴きます。
何故、巷では天皇家には秘密の金塊が隠されているという話になるのか?
天皇はすごい、天皇は大金持ちで、世界の頂点に君臨しているという話になるのか?
この天皇の金塊の話は「日本は米国に支配されている」という話とセットで出てくる事が多い。
これには理由があります。
日本皇室が世界の王である。
いざとなれば最強の天皇が日本に君臨している。
だから、米国など敵ではないと。
その裏付けが天皇の金塊。
今は日本を支配している米国を帝国主義を打ち負かしてしまおう。
これが彼らが煽っているムーブメントです。
このスローガンに乗っかる一般人は意外と多いのです。
この天皇の金塊が有るから、世界中の国が一丸となって米国をやっつけることができる。
天皇の金塊と言えば、山下財宝に代表される、太平洋戦争中に略奪してきた金の事なのですが、これらを天皇家が隠し持っているという主張なのです。
実際のところ、山下財宝はほんの一部が皇族の手によって日本に持ち帰られました。
残りのほとんどは誰が、どこに持って行ったのか?
これがフィリピンのマルコス。
元マルコス直属の将軍で、現在はカーネルである、X◎X◎オ氏。
彼らが香港経由でスイスの◎◎銀行に預けたのです。
その後、フィリピンでは革命が有り、マルコスはフィリピンから追い出され亡くなりました。
この金塊は、当時東南アジア諸国に植民地支配を敷いていたベルベット・ファシズム側諸王宮から、ある特殊部隊が奪い、その後の国際秩序維持に供する協定を結ばせ、善用の簿外資金発行の元資とし、アジア各国の軍関係者に保管依頼をし隠したものの一部でした。
そのフィリピン国内の大部分をマルコスが持ちだし、自国経済を外国支配から取り戻す元資とするつもりだったのです。
勿論実質の金塊は、証書の有効性とは無関係に国際機構側の所有権に組み込まれました。
重量にして3,850トンです。
私は名無し先生から、その証書を見せてもらいましたよ。
99.999% purity: 12.5 kg./Barと書いてありました。
香港で認証され、スイスの◎◎バンクに行ったと書いてありました。
裏書きをする欄が空欄になっていました。
要するに証書を持って行った人がサインすれば、所有権が確定する訳です。
これで天皇の金塊は無いという事が証明されちゃいましたね?
まあ、みなさんは見ていませんから証明できませんが、私を信じていただける人は、証書が有るのだから、3,850トンもの金塊はスイスにあり、天皇家には無いという事をご理解いただけると思います。
要は、山下財宝は何か所にも分けて隠した訳ですから、ほんの一部をCIA、日本皇室と組んで、ベルベット側が持ち出しただけなんです。
この何か所もの隠し場所がゴールデン・リリーと呼ばれました。
リリーとは百合の花の事です。
フッガー家の紋章です。
フルール・ド・リスです。
Wikipediaより
フッガー家(Fugger)は、中世ヨーロッパのアウクスブルクを中心に鉱山、金融を営んだヨーロッパの富豪。

Sponsored Link

 - 良書紹介 , , ,

スポンサーリンク

Comment

  1. […] リティをみてみれば、 逆に欠点が判明するのではとみてみました。 まずこの 龍青三 オフィシャルサイト 斎藤一人さんがH/Pに出てくる時点で、ちょっとひいてしまいますが、 この中 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

niku_140402_005
50歳からは肉を食べ始めなさい/藤田紘一郎

最近、ある事がきっかで、肉(や動物性たんぱく質)を摂ることの重要性を改めて認識し …

140607_009
新刊 『カンタン成功法則』 ロングセラーズ(2014/1/23)

ロングセラーズ(2014/1/23) 内容紹介(Amazon) 「私が成功できた …

140526_003
【野口嘉則さん】 3つの真実~人生を変える 愛と幸せと豊かさの秘密 【まとめ】

野口嘉則 著 『3つの真実』 人生を変える愛と幸せと豊かさの秘密 【まとめ】 S …

150718_000
【斎藤一人】 世界一 ものすごい成功法則!

書籍紹介 初公開! 一人さんの〝スゴい〟お話が満載! 「お金や幸せを手にしたい」 …

『パワーか、フォースか』人間のレベルを測る科学/デヴィッド・R. ホーキンズ

Sponsored Link 内容紹介 著者のデヴィッド・R・ホーキンズ博士は、 …

yomudakedemienaisekai
読むだけで「見えない世界」とつながる本 K著

守護霊、天使、妖精、女神…見えない“やつら”と仲良くなれば、人生に「小さな奇跡」 …

140920_000
スペシャルインフルエンサーひとりさんの人を動かす魅力・影響力の秘密がわかる本

ひとりさん通信 第七刊でも触れていますが、 今、ひとりさんがオススメする本は…「 …

140621_002
一瞬で幸せになる方法/阿部敏郎

内容紹介 元シンガーソングライターで沖縄県在住のスピリチュアル講演家が、日本全国 …

140525_000
【斎藤一人さん】 人とお金 サンマーク出版 (2013/10/22)

内容紹介(Amazon) 生きていれば誰もが悩む「人間関係」と「お金」の問題。 …

150109_000
うつ病を自分で治す方法(薬なしで克服) 食事と脳(考え方)を変えるだけ 【斎藤一人さん】

うつに苦しんでる方の為に、参考になればと思いシェアいたします。 まずは、斎藤一人 …