龍青三 オフィシャルサイト

*

【運命好転の秘訣】 不運のときこそ運が創られる

      2015/07/11

Sponsored Link

人生という大きなスパンでみた、運気の大波から、すぐ身近にあるツキ:ポカ、好調:不調というような小さな波まで、人として生まれた瞬間から運の波は動き出します。

生生流転(せいせいるてん)
諸行無常(しょぎょうむじょう)

人生には、晴れの日もあれば、雨の日もあります。
>>> 人生楽ありゃ〜苦もあるさ〜♪(黄門さま)<<< このテーマソングを歌っているときは、皆達観しています。 何事も上手くいっているとき、ツキのあるときは、誰でも心うきうきわくわくするものですが、ひとたび目の前に不運なことが起これば、のんびり歌など歌っている場合ではなくなるものです。 順風満帆、人生の晴れのときには、誰でも心に余裕がありますから、大らかで優しい気持ちになれます。 こういうときは、「金持ち喧嘩せず」の心持ちで、滅多に腹を立てないし、寛容になれるでしょう。 運や健康も含めて調子の良いときというのは、考え方も動作もしなやかで柔らかいです。 調子の悪いときは、思考や言動も動作も頑なで硬直しているものです。 暗くて、余裕がありません。 麻雀など勝負事のときなど、テキメンにそれがでます。 負けが込んでくると、心の平静さを失い、ますますツキに見放されます。 心も、思考も、言動も、固いからこそ、ますます負けの方向に向かってしまうのです。 猫が高いところから落ちても怪我をしないのは、身体がしなやかで柔らかいからです。 猫をつかまえて、羽交い絞めをしても、するりと抜けられてします。 赤ちゃんもそうですね。赤ちゃんは、身体が柔らかいので、転んでも怪我をしにくいです。 運やツキも、身体と同様で、考え方や、心の持ち方が、柔軟であれば修復力も強く、傷も大きく広がらないものです。 また、この真理は、人を見抜くときにも応用できます。 人の本性は、調子がよいときではなく、調子が悪いときこそ本性があらわになります。 一番に分かりやすいのは、お金にまつわることです。 お金に余裕があるときも、無いときも、変らずそのままの人こそ本物です。 そういう人こそ、強い人です。 人生の雨の日の時こそ、人間を磨く時です。 生生流転。 そして必ず運は巡ってきます。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - ★運命好転の秘訣

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

140607_005sityusuimei
【四柱推命占いQ&A】014 運命好転の秘訣~運は動より生ず

吉凶悔吝は、動に生ずる者なり (易経:下繋辞伝) やるかやらないかの決断は3秒以 …

【運命好転の秘訣】 運に選ばれる人になる

運をつかめない人は、お金が転がりこんでくるとか、 運が目にみえる形でやってくると …

no image
【運命好転の秘訣】 苦しいときも楽しいときも

苦労してきた(と思っている)人は、その苦しい体験を学びと捉えています。 苦難の時 …

feel!
【運命好転の秘訣】 考えるな、感じるんだ! Don’t think. Feel.

Don’t think. Feel. It is like a finger p …

no image
【運命好転の秘訣】余計なお世話はしない〜相手は本当にそれ必要としているか

Treat others as you would like them to t …

no image
【運命好転の秘訣】不安や心配は憑き物〜感情に振り回されない

憂世で生きていれば、不安や心配はつきものです。 にんげんだもの。 サラリーマンや …

140517_002
【四柱推命占いQ&A】013 大切なのは、相性の良し悪しではなく……

■陰陽強弱論からみた男女の相性について 男女相性の観かたもまた実にさまざまです。 …

141021_002
【易経】 積善の家に余慶あり 三遊亭圓生(六代目) ちきり伊勢屋

易経の説く『積善の家に余慶あり』 易者・人相観に関する 落語をご紹介します。 味 …

140831_000jyankiskurai
【運命好転の秘訣】 考えたことは外れる 感じたことは当たる [桜井章一]

ギャンブラー、勝負師は、常に自分自身と向き合っています。 村田英雄が唄います。 …