龍青三 オフィシャルサイト

*

【四柱推命占いQ&A】017 不倫の恋について

      2015/07/13

Sponsored Link

【ご相談】

遠距離恋愛のメル友のカレシがいます。
1年半前に知合ってから、メールだけの付き合いだったんだけど、
メル友になってから、半年後に、初めて会って……
不倫の関係になってしまいました。
カレシに連絡がなかなかとれなくて、それからは、5回しか会ってないです。
やっぱ不倫はいけないから、早くカレシのことを忘れたいんだけど、なかなか忘れられないです。
カレシと今後どうなるか、今年の運勢とか、何かアドバイスがあったら宜しくお願いします。

錦糸町 まどか(仮名)

Sponsored Link

【ご回答】

■ご相談内容にフォーカスを絞っての鑑定内容をお伝えするまえに、
お二人様の命式を拝見して得た【インスピレーション】の観点から お話させていただきます。
(論理的解命とはまったく別の観点です)

まずお二人とも、何か芸術的なものに深い縁があります。
感性がアーチストのそれを持っているのです。
特にまどか様から得たインスピレーションの方がより強く、強烈な感性をお持ちです。

カレシ様から感じるものを 言葉であえて表現しますとこうなります。

頭脳明晰だがへそ曲がりで頑固な理屈屋で、
強引に我が道をゆく高邁でミステリアスな自己中心的理想家。
外面(みため)と内面(はら)が極端に違います。
頭の回転が速く、いつも何か哲学しているようです。

しかし、回転数を上げすぎてオーバーヒートしてしまうこともあるのです。

敏感な感性をもってはいるのですが、かといって人の気持ちを細やかに察することのできるセンサーはあまり性能がよくありません。
いろんなセンサーがあるように、カレシ様のセンサーをたとえていうと
快:不快/好き:嫌い/損:得/熱い:寒い・・・といったような本能的なものだといえます。

高い精神性も秘めているのですが、残念ながらまだ開花されてないようです。
それはなぜかといいますとカレシ様は、仕事にしてもなにをやるにしても、いわゆる「デキル人」だからなのです。

アタマもいいし、能力もある、けれどそれ以上、自分の限界を超えようとはしない。
自分の能力にはある程度自信がありますから、自分はまだまだ未熟だからもっと精進しよう、というような謙虚さがないのです。

卑屈な人よりはマシだとおもいますが、それの裏返しは人を見下すことに繋がり、優越感を唯一の幸福の栄養源としてしまう傾向があるのです。
一方では、なにかを達成するとさらにそれ以上の欲だけが大きくなって、際限がなくなります。
そこで満ち足りた幸せを喫することを知らないのです。

ですから、もともと素晴らしい知性や理性を兼ね備えているのに、
いまや本能的なものだけが大きく育ってしまって、はやく自分の天命というもの気づかないと運はますます逃げていってしまいます。
内面は好き嫌いが激しく頑固でプライドの高い人なのですが、表面的には嫌なヤツが近寄ってきても、牙をむいたりはしません。
そのかわりそっぽを向いてしまうタイプなのです。

もともとは人の為に苦労を買ってでもするところがあるくらいの人情家なのに
いつもアタマで物事を判断してしまう癖がついてしまったので、その良いところが発揮されていないのが残念です。
とはいいましても、この世知辛い世で、自分を守るためにはその方がいいのかもしれません。

もしカレシ様が経営者であるとしたならばいちいち人情で対応していたら商売になりませんから、当然のことです。
カレシ様の運気は、中の上といったところで基本的に運はよい方です。

次に、まどか様から感じたことを書きます。
まどか様は、特に「美」というものには独特の審美眼があり感覚的には鋭いものがあります。
意識の方向を別のほうに向けると、いわゆる「霊感」的なものシックスセンスの方向に行きやすい傾向があります。

でもあまり深入りしてしまうと振り回されてしまいますので、
ある程度にとどめておいたほうがまどか様にとっては良いです。

理論理屈というより、感性、フィーリングで行動するタイプで、
時に言動が衝動的になりやすく、大胆な反面繊細で傷つきやすいものが同居している状態にあります。
アクションを起こしたその結果がどうであろうとも、その結果は、
まどか様にとって必要なことであるので、衝動的言動が良くないということではありません。
むしろ、今後も理屈より感性で行動を起こしたほうがいいです。

運は上の下といったところで、カレシ様よりも基本的運は強いです。
女性としては特殊な運気をもっています。

鋭い観察眼と批判力を持ちあわせ、本能的な嗅覚を隠し持っています。
胆力が強く、積極性があり英雄的な魂の持ち主なのです。

もし男として生まれていたならば、波乱もつきまといますがいくつもの事業を手がけているでしょう。
ただし、一生気が休まることがないくらい公私において忙しい、荒波を渡ってゆくような人生です。
ですから、女として生まれたということは、ある意味良かったのかもしれません。
(基本的には平凡な人生は歩めません。)

社会的な活動(社会にフィードバックするような)をしないと魂が満足できないのです。
潜在意識にアクセスしてみると、「怒り」が蓄積されています。
具体的には何が理由で「怒り」が蓄積しているのかよくわからないのですが、
何か不条理なことを数多く体験してきたものがくすぶって残っているようです。

潜在意識の声を文字に翻訳するとこうなります
「なんで?」
「なんでなの!?」
「なんでこうなの!?」
「なんでわたしが!?」
「なんでわからないの!?」

まどか様のことをほんとうに理解してくれる人は少ないか、いないのではないかとおもいます。
また、理解してくれることを望んでもなかなか理解してくれません。

えてして裏目に出たり誤解されたり利用されたりしやすいのです。
それは、まどか様の意識レベルが高すぎて受け止める側が受け止められないからです。
たとえば、対人関係をキャッチボールのようなシチュエーションで考えてみるとわかりやすいかもしれません。
キャッチボールとは、普通軽いボールのやり取りをするわけですが、まどか様の用意したボールは砲丸なげの「砲丸」のようです。

ここで大切なポイントがあります。
「砲丸」はまどか様ご自身が用意されたものだということです。

ソフトボールだと思い込んでいる相手は、投げられた「重い球」を受けてから気づいてリアクションをするから、
受けるまえに「砲丸」と気づいて受けるのを拒否するか、よけるか、どっちかなのです。

「砲丸」と気づいてあえて受ける人もいるし、受けてから気づいてショックを受ける人もいるし、
受ける前に気づいて、はなから受けない、よける、逃げる人もいるということです。
もちろん、まどか様は、キャッチボール用の「砲丸」を投げることも受けることもできる人です。

また、キャッチボールに「砲丸」を選んだのは、思いっきり刺激的でスリリングで相手が楽しんでもらえると信じているからこそで、
意地悪をしようとか全く考えていません。
すべて好意から発したものです。

■ご相談内容に添ってご回答差し上げます。

お二人の命式からみた関係は、とても縁が強い関係です。
魂レベルで深いつながりがあります。

メル友の出会いだとしても、それは単なる偶然や軽い出会いではありません。
出会うべくして出会ったとしかいいようがありません。
それだけ、魂のレベルでは結びつきが強いです。

もし、お二人が独身同士だとして、いつかどこかで出会う機会があるとしたらすぐに恋に落ちていたはずですし、
お二人が結婚されていたとして、夫婦間のゴタゴタがあり別れたいとか思っていても別れるに別れられないカップルです。
わたくしごとで、恐縮すが、久々にこのように魂同士が強い結びつきをもったカップルを拝見しました。

「やっぱ不倫はいけないから、早くカレシのことを忘れたいんだけど、なかなか忘れられないです。」

この言葉はまさしく正直な胸の内を顕していると思います。
常識として不倫がよろしくないという理性があるからこそ矛盾した言葉が出るわけで、
不倫の是非は別として、忘れようにも忘れられないのは当然だと思います。

逆に、魂同士の結びつきが弱いカップルだったら「何事もなかったように」別れるものです。
あぁ~、そういえばそんな人と付き合っていたことがあったなぁ~ みたいな。

無理に記憶を引きずり出さないと意識にもあがってこない元カップルもあります。

カレシ様と今後どうなるか知りたいのですのことですが、
今後、特別、カレシ様のことを忘れようと意識して、それなりの対処をしなければ、ずるずると続きます。

たとえていえば、強力な磁石のN極とS極のような関係なのですから、
消磁しないことにはS極はN極に、N極はS極に永遠に吸い付けられるわけです。

もちろん、まどか様が一方的にカレシ様に引き付けられているわけではなく、
当然ながらカレシ様の方も、気まぐれでしか連絡を寄越さないにしても、まどか様の方ことも忘れようにも忘れられない存在なのです。

さて、ご相談内容の核心にせまりますが、わたくしの立場として、お二人の関係を良いとか悪いとか見ていません。
「不倫」という関係においても、同様で、わたくしは、良いとも悪いとも判断しません。
推奨もしないですが、否定もしません。
ただ、あるがままの事実を見るだけです。

要点はこうです。
・二人はメル友として出会った
・忘れようとおもっても忘れられない
・カレシ様には奥さんがいる

ただ、このような事実があるだけです。

で、問題になるのは、カレシ様に奥さんがいるからであって、カレシ様が奥さんと別れたとしたら、
まどか様は、どうされるのでしょうか?

ご相談内容の文面を、そのまま、文字通り受け止めますれば、
「はやくカレシのことを忘れたい」
ということが、当面の希望であると読み取れるのですが、
その件につきましては、先ほども書きましたように、特別に意識して対策を講じなければ忘れようにも忘れられないです。
つまり、時がたてば自然に忘れられる、ということはありえないってことです。

ここで、わたくしも、少し悩んでしまうのですが、まどか様は、本当にカレシ様のことを「忘れよう」
と、特別に意識して努力しているのだろうか?ということなんです。
運気の巡りによって忘れられるということはありえません。

この部分は、自力の分野でありますから、なにか特別忘れるために努力をしなければ、このような関係は続きます。
その件は、まどか様の判断にお任せするとして、わたくしは、ズバリこうみます。

仮に、カレシ様も単身になったとします。
そうすれば、後ろめたい気持ちもなくお付き合いができるわけですが、
もしそうなったとしたら、基本的には、つかずはなれずの交際ができるでしょうけれど、
早くて来年中旬、遅くとも2015年には、何らかの理由で二人の仲にヒビがはります。
(まどか様の方の熱が冷めるという意味も含んでいます)

何をいいたいかといいますと、現在不倫のような関係であるからこそ、まどか様は熱をあげているだけです。
何かの状況で、表現は悪いですが、「カレシ様が手にはいったら」急に熱が冷めると思います。

基本的に、カレシ様との魂レベルでの関係は、男女というより、パートナーなのです。
表面的には、夫婦や男女の関係にもなれますが、魂レベルでは男女を越えた間柄です。
お二人の魂レベルでの関係は、社会的に何かを還元してくとか、表現をしていくということを前提としたカップルなのです。

お二人がそれに気づいて、それに目覚めてアクションを起こすなれば、それは天命としての出会いだということです。

これはあくまで、魂レベルでの見方ですから、このたびの、ご相談内容とは直接関係のないことなのですが、
なぜお二人が出会ったかという理由はこれです。

今年の運勢とか今年の運気は、お二人とも季節で言うと、春うらら、つまり恋する季節の真っ最中ですから、
おっしゃるようにカレシ様のほうからも、気まぐれで連絡があるでしょうし、今年いっぱいそんな感じになります。

ところが、来年になりますってえと、状況が変わってまいります。

お二人ともに、運気に多少の波乱がおこりますので、どちらかというと、お互いのことより、自分のことに意識が向かいます。
そして、2015年、2016年の二年間で、一つの節目を迎えます。
この時期に大きな変化があります。

さて、以上の観点からまとめてみますと、
カレシ様のことは、いまの時点では、忘れよう忘れようとしなくてもよいと思います。
かえって、それがストレスとなり、まどか様にとってよくありません。

不倫がどうのこうのというのが一番大事な観点ではありません。
まず、まどか様ご自身が幸せになるにはどうしたらいいか、ということが一番大事なことです。
ですから、今年は沸き起こるカレシ様への想いを無理に抑圧することはないと思います。

むしろ自然に、感情のままに冷静に自分をみつめていればいいと思います。
つまり、自分に起こってくる感情を客観的に見つめるだけです。
押し込める必要はありません。

「来年になってから」具体的に忘れる方向の努力をしたほうがいいと思います。
来年は小さな運気の変わり目ですので、意識を切り替えるにはいい時期だからです。

今後のカレシ様とのかかわりは、実はすべてまどか様次第です。
魂の力量(強弱)という観点からすると、カレシ様が、まどか様に影響を与えるのではなく、
まどか様の方がカレシ様に影響を与える側になっています。

つまり、主体と客体の関係でいえば、まどか様が主体で、カレシ様が客体となっています。
主従の関係、原因と結果の関係です。

救われる側と救う側でいえば、まどか様が救う側で、カレシ様が救われる側です。

カレシ様は、まどか様と縁があって救われるのであって、まどか様がカレシ様に救われるのではありません。
魂レベルではよくわかってますから、表層意識でカレシ様を求めても、
深いところでは満足できない理由はそういうことです。

キャンドルサービスではないですけれど、この世には火を点す人と、
火のついてないローソクをもってサービスを受けるのを待っているだけの人がいます。
(火がないのですから、人に火を点すことはできないわけです)

カレシ様はあくまで、まどか様にとって受身の魂です。
火のついてないローソクをもって、待っている側です。

まどか様は、カレシ様からキャンドルサービスを受け取る側ではない、ということをご理解ください。

Sponsored Link

 - ★占いQ&A

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

140607_005sityusuimei
【四柱推命占いQ&A】014 運命好転の秘訣~運は動より生ず

吉凶悔吝は、動に生ずる者なり (易経:下繋辞伝) やるかやらないかの決断は3秒以 …

140616_003
【四柱推命占いQ&A】004 手相判断のプロセスについて

ご質問 先日、先生に手相を占ってもらったときの結果についてなんですが、、 何故そ …

140527_002
【四柱推命占いQ&A】001 子宝占いについて

【ご相談】 子宝占いをお願いします。 夫婦共に原因不明で、プレッシャーやストレス …

140608_019
【四柱推命占いQ&A】016 未来へ向けての鑑定

【ご相談】 私は今年61歳になりました。 これまで、波乱万丈な人生を送ってまいり …

141218_000
【四柱推命占いQ&A】007 占いに洗脳された占い師

★人生が占いの虎の巻きどおりになると思い込んでいる占い師について 【ご相談】 占 …

140831_001
【四柱推命占いQ&A】018 理想の結婚について

【ご相談】 最近、彼と別れました。 このまま行けば、結婚するだろうな…… という …

141218_002
【四柱推命占いQ&A】003 凶星・空亡・大殺界について

【ご相談】 ****年**月**日生。女。 最近、四柱推命が気になってます。 ネ …

baby_smile
四柱推命Q&A – 019 天中殺!結婚・恋愛相関図

ご相談 2013年に失恋し、数ヶ月後にとある算命学とカバラ数秘術を使う占い師の方 …

141021_004
【四柱推命占いQ&A】012 占い師の品格~占術三禁とは

よく当たる(当てる)占い師だからといって、その占い師が信頼に値するかどうかはまっ …

141218_003
【四柱推命占いQ&A】002 占いで結婚してはいけないと言われて……

【ご相談】 婚約しているカレシの運勢を、ケータイの四柱推命占いでみたところ、結婚 …