龍青三 オフィシャルサイト

*

WHO 抗がん剤の効用を否定……? (150322追記更新・タイトル変更)

      2015/05/20

Sponsored Link

*2015/03/22(日)06:25 追記・タイトル更新

つい最近のことです。
ネット上で、
「WHOが、抗がん剤の使用をやめるようにいいだした」
という記事をみつけました。

記事を読み進めていくうちに戦慄しました。

その記事によると、
WHO(世界保健機関)が抗がん剤の効用を否定したのが2014年5月末
否定どころか抗がん剤の害毒を認め、
それを受けて日本でも7月に入りがん治療の現場で、
「抗がん剤を使わせる指導」を撤回することが決定したというのです。

ここで注目したいのは、
抗がん剤を【使わせる指導】を撤回したというところ。
抗癌剤を【使わせない】ということではなく、
「抗がん剤を使わせる指導」を止めただけなのです。

Sponsored Link

したがって、現状では
在庫分を使用するのを制限したり使用を禁止したりするものではなく、
在庫分や備蓄分を使うことを容認していることになります。

知り合いに抗癌剤治療をしている人がいます。

日本の医療の現場では在庫として残っている
WHOが抗癌剤の毒害を認めた抗癌剤を使い続けているという現実…

なんとも憤懣やるかたない思いです。

以下、記事引用します。

WHOが抗がん剤の使用をやめるようにいいだした。あとは各国の国内法の問題。

5月21日、日本で福井地裁が大飯原発に再稼動「差止め」判決を出し、天皇皇后が足尾鉱山を訪問されたとき、ジュネーブにあるWHOでは、癌治療に使われる抗がん剤に関し、熱心な議論が始まっていた。

そして、6月13日(金)に、ローマ法王フランシスコが、マネー崇拝を完全否定し、「戦争を起してでも利益を追う旧い体制を排除する」と宣言したのとほぼ同時に、ロックフェラー家に不幸が起きた。この時には、真剣に、FRB(通貨マフィア)に代わる新しい通貨システムの話し合いが始まり、WHOでは抗がん剤をやめる決定が下りていた。

法王フランシスコの言う「旧い体制」を、戦後、もっとも支え、それによって大繁栄したのは、「お花畑状態になった日本」の産業界です。日本人は平和憲法があるからといって、世界の悲劇を他人事ととらえ、世界全体の中で、日本の国家と産業界がどんな位置づけが分からないままでした。「町人国家」と呼んだものがいたくらいでした。

それが今では、はっきりわかります。 悪魔の僕だったのです。今のイスラエルをみてください。

先日、いい話があるといったのは、5月末に、WHOが抗がん剤の効用を否定するどころか、抗がん剤の害毒を認めたことをうけ、日本では、ようやく7月15日に、癌治療の現場で、「抗がん剤を使わせる指導」を撤回することが決定したことです。ただ、すぐに、法律で禁止したり、行政指導をすることではなく、当面は、各医療機関がこれまで買ってある備蓄分を使うことを容認し、そのあとに通達が出されるとのことのようです。

どこまでも、医療業者の利益をまもりたいのが日本の「お上」の姿勢なのです。それでも、「抗がん剤」否定の流れが始まったのは事実ですので、これはいいことです。 ここでは、国民が、大いに、声を上げねばなりません。

この5月からの流れを考えますと、6月13日(金)の朝に、リチャード・ロックフェラーが殺されたのは、彼が抗がん剤の内情を大々的に公表する決意を、父のデビッドに伝え、これからは、本来のまともな医療に取りかかれると、贖罪と希望に胸高鳴っているところを、この動きを知るアメリカの医療マフィア(これは父のデビッドがつくりあげた)によって犯行が実行された、と考えられます。これが、真相でしょう。

では、日本の医学会は、どうなっていくのでしょう。

ロックフェラー医学に倣って、様々な要因で平気で癌や病気をつくり、対処薬をつくり、高額治療でおおいに儲ける。その代表が抗がん剤、そして、陽子線治療。東大を中心にした日本の医学会では、こんなことばかりしてきたから、当然、福島の原発事故は、最高の実験台となり、首都圏住民の被曝は、さらなる飯の種となった。 「食べて応援」「瓦礫処理」も、儲けのタネである、「癌」を拡散するものだった。

しかし、BRISC開発銀行を登場させた「力」は、この真実を知り、それを止めだした。

ただ、それでも、国家主権と各国の権力事情が尊重され、それぞれのペースで、この体制を止めさせることに。日本の場合は、医療業界、マスコミ、教育、保険、と、すべての業種の利害に関わるだけにあいまいなままで進行する。 ここで、また、幸不幸、運不運がでてしまう。 国民が、「羊」であり、「社畜」のままだからだ。

安倍政権のうちに、真実が出ることはない。日本全国各地の医療機関の医者たちが、猛反省するにも時間がかかるでしょう。俸給が保証される地位のみを目指し、本当の勉強(いかにいい社会を創るか)や学問(真理・真実の探究)をしたことのない人ばかりなんだから。特に、今の厚生大臣は、パソナ仁風林に入り浸っていた田村。 この人間に、そんな見識も人間としての度量も道徳観もない。

「お上」依存とは、自らの命と魂を、進んで、悪魔に売り渡すこと。 これが「淘汰」の現場の真実。 覚醒しなきゃ。

[出典: 新井信介 「京の風」]
http://www.k2o.co.jp/blog2/2014/07/post-1223.php

*2015/03/22(日)追記
読者の指摘により、記事の根拠になる出典を調べてみましたが、ネット上では見当たりませんでした。新井信介氏ご自身もWHO発言の出典を示しておられない為、現段階では事実確認できないので、新井氏の考えとして受け止めるしかありません。

大往生したけりゃ医療とかかわるな

毒である抗がん剤を使わないということも重要ですが、
ガンで自然死を提唱する現役の医師がいることをまた最近知りました。

動画を観て、自然死という意味がよく理解できました。

中村仁一先生:老人ホーム「同和園」附属診療所所長

中村仁一先生講演会 『自然死のすすめ』
老人ホーム「同和園」附属診療所所長

著書
3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。

カスタマーレビューより

★安らかな死に方の解説書

祖父をガンで亡くした。
嘔吐が頻繁に起きるようになったため検査してもらたところ、
かなり進行した胃がんであるとわかった。
このままではそう遠くない将来、
何も食べられなくなって衰弱死すると言われたため、
当然我々家族は手術を勧め、
しかし本人はどうせ放っておいてもじきにお迎えがくるのだから、
今更体にメスを入れたくないと言い張った。

結局我々が無理やり手術を受けさせるも、
手術後、ひと月たって我が家に帰ってきたのは
物言わぬ亡骸となった祖父だった。

物を食べられるように、と手術をしてもらったのに、
術後の苦しさと衰弱のあまり
一度も口から食べ物を入れることなく旅立ってしまったのは
なんとも皮肉な結果である。
入院する前日まで趣味の畑仕事に精を出していたのだから、
我々の無理強いが祖父の寿命を縮めてしまったことは間違いない。
ほんとに申し訳ないことをした、と
今でも実家に帰ったときは祖父の遺影に頭を下げている。

一方、祖母は五体満足でいつも元気な老人だった。
茶飲み友達と談笑していた姿を今でもよく思い出す。

ある日、定期検査ということで入院したのだが、
数週間後には深刻なボケが出て、支離滅裂なことを喋りだし、
息子である父の顔を見ても誰だか判らなくなってしまった。

明るく優しい祖母は
物忘れが激しいとか、孫の名前がなかなか出てこないとか
そういった症状はあったものの、
決して命に関わるような状態ではなかった体を
数週間病院のベッドに縛り付けただけで
孫との意思疎通すら叶わない別人になってしまったのである。

しばらくして祖母の意識が完全になくなり
日に日に衰えていく様を見て、
老人にとって病院の白い天井は
老いやボケを促進する劇薬なのかもしれない、
と感じた。

意識を失い一日中寝ている祖母を
せめて最後は静かに眠らせてやりたいと願い
流動食を流しこむような事は決してせず
ただ見守るだけにした。

数日後、祖母は文字通り眠ったまま亡くなった。

故人の逝き方は、
残されたものの心に苦いしこりを残すこともあるが
愛する人が死んだというのに幸せであるとすら思える程の
癒しを与えることもある。
私にとっては前者が祖父、後者が祖母である。
それ程に祖父は惨めで苦しい死を迎え
祖母は穏やかな死であった。

「おばあちゃん、最後は凄まじいボケ方したけど、
苦しまずに死ねてよかったよね」
祖母の祥月命日には必ずこのような会話が交わされる。

祖母の延命措置をしなかったことは
祖父と同じ目に合わせてしまったことに対する
罪滅ぼしみたいなもので、
祖母の命の期限は祖母に決めてもらう、という
責任転嫁でもあったかもしれない。
「苦しまずに死ねてよかった」などという言葉を
祖母が聞いたら怒り狂うかもしれない。
しかし祖母の安らかな顔は我々の心を救ってくれたことに違いはない。

野生動物は歯を失うと餓死する。
乳歯が永久歯へと生え変わり、
永久歯が使い物にならなくなる頃、
動物としての人の寿命を終えることは必然である。
この期間はおそらく30年程度であるはずだが、
栄養状態の改善、医療技術の進歩により
無理矢理に80歳まで「生かされている」のだろう。
そして動物としては正しくない生き方の歪が
高齢化社会の問題点の1つとしてクローズアップされる。

自分のことが自分で出来なくなったら無理に延命しない。
延命措置は本人が望んだ場合に限る。
一見すると非人道的にも思えるこの考え方こそが
超高齢化社会を迎えた日本の選択するべき道ではないか。
延命しようとして祖父に残酷な死に方をさせ、
延命を拒否した結果、祖母が安らかに旅立ってくれた者にとっては
そういう考え方が正しいように思えてならない。

長くなったが、本書はそのような立場に立った、
「死に方」についての解説本である。
生死観は人それぞれである。
しかし故人の死に際が安らかであることは
本人にとってはもちろん、
後に残される者にとっても非常に重要である。

文中、少々不謹慎な表現があるが、
そのような死に方をし、
そのような死に方をしてもらうにはこのような方法があるんだな、
と思いながら軽い気持ちで読まれるのが良いと思う。

★三年前に出版されていたならば

<食べないから死ぬのではなく
「死ぬ時」が来たから食べないのだ>

そうか、そうだったのか!

この言葉を3年前に聞きたかった

それまで食欲旺盛だった97歳の母が
徐々に食事が取れなくなりました
私は
食べないと元気にならない、食べないと病気も
治らない そう思って
母の口をこじ開けて、スプーンを押し込んでいました

母の為に・・と思ってしたことが
実は母には拷問だったのですね
私が犯した行為は、母が亡くなって3年たた今でも
トゲのように胸に刺さっています

病院では、鼻チューブ栄養を試みられましたが
消化できず、すぐ下痢として出てしまうので
次は中心静脈栄養になりました
首に注射針を刺して栄養を補給する方法ですが
当時は、早く母を元気にしたい一心で
私は処置に同意しました

しかし、
首に注射針が突き刺さった母の姿を見た時
あ〜こんな辛い思いをさせてまで生きなくてはいけないのかと
胸が痛み、心は揺れ動きました
その間にも
血圧が上がったと言えば、下がる点滴を
下がったと言えば上がる点滴を処置されていました
私はいたたまれなくなって
「もう辞めてください、何もしないでください」と訴えました

院長も婦長もわかってくださって
その後は水も栄養もなしです
それから一週間くらいたった頃
私の目の前で、母は安らかに死んでいく姿を見せてくれました

とは言うものの
栄養を止めてしまってよかったのだろうかと
3年間、内心、忸怩だるものがありましたが
本書を読んでやっと胸のつかえが下りました

人は誰でも必ず死ぬんだ、と言うこと
死ぬこと(自然死)は怖くないと言うことを
教えてくれる本です

重いテーマながら
著者のユーモアある文章で、時にはくすっと笑ったりして
読み進んでいきました

3年前にこの本に出会いたかったです

老若男女 すべての人に読んで欲しいです
特に病院の先生には

蛇足ながら
本書を読んでから
私が書いていた「エンディングノート」の一部を
書き換えました

★痛くない癌は治療しない方がいい」という方が正しいかも

無治療でも痛い癌はあります。中村先生が書いておられる「無治療の癌は痛くない」では誤解を生みます。
せっかく素晴らしい事を書かれているのに、そこに批判が集中しそうで心配です。

例えば、「みぞおちが痛いなー」と思って胃カメラを飲んだら胃がんだったというような
「痛みがきっかけで癌を発見→治療」の方は沢山いらっしゃいますのでそういう方達からは批判されてしまうでしょう。

本で書かれているように、全身に癌が転移しているのに痛みがなくて治療せずに枯れていくように亡くなって行く方も確かにいます。

でも、そういう方のほとんどは在宅や特養などの施設に行かれます。

痛みがある患者様は、最後の死に場所として病院やホスピスを優先的に選択されます。

在宅で往診や訪問看護を受けながら症状緩和している方もいらっしゃいます。

中村先生は「痛みがない癌患者」に出会う機会がたまたまではなく、必然的に多い環境(特別養護老人ホーム)なのだと思います。

痛みがない癌は、治療は不要だと思います。

ざっくりと「癌になっても治療はしない」と決めてしまうのではなくて、その病気に応じたきめ細かい対処の判断が望ましいと思います。
癌でも抗がん剤が奏効する種類(小細胞肺がんなど)もあるので、放置するのは勿体無い場合もあると思います。

沢山ある治療や代替療法の中で、あなたの場合にはこの対処がベストであると情報提供してくれるバランスのとれた医師はごく少数です。

西洋医学と東洋医学、様々な代替医療を取り入れておられるのは帯津先生しか私は知りません。

病気は治療してもしなくても流動的に変化していきます。

急性期には自分にピッタリだった主治医の方針も、慢性期や終末期には意見が合わなくなって来る場合があります。

その時は、勇気を持って新たに自分の望む医療を提供してくれる医師を探さなければいけません。

中村先生の自然死に対する考え方(胃ろうや点滴はしない方が良い)は100%同意見なので星4つにさせていただきました。

今後、本末転倒な医療による苦痛を味わう患者様がいなくなるように私も活動していきたいと思います。

追記:2015/03/22(日)

読者の方から、コメントをいただきました。

こちらの文章、捏造であることが現在分かっております。
2014年12月3日にWHOが次のような文書を発表しています。

http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2014/preventing-cervical-cancer/en/

ここで
「Tertiary prevention: access to cancer treatment and management for women of any age, including surgery, chemotherapy and radiotherapy. 」
と化学療法などをしようすることを推奨しております。
[コメントより引用]

紹介されたページのタイトル
New WHO guide to prevent and control cervical cancer
子宮頸がんを予防し、制御するための新しいガイド(機械翻訳)

以下、全文機械翻訳しました。
指摘の文章をハイライトしてあります。

ニュースリリース
2014年12月3日|メルボルン- 国がより良い子宮頸がんを予防し、制御するのに役立つことを目的とWHOからの新しい指導。しかし、最も簡単に予防できる- -発展途上国で発生し85%そのうち毎年270以上の000人が死亡、責任の女性のための形態の癌、疾患は世界最悪の一つです。

新しい「総合子宮頸がん対策:本質的な練習へのガイドは、「 2014年12月3日にメルボルン、オーストラリアの世界がん首脳サミットで開始されます。

新しい指針の主な要素は次のとおりです。

HPVワクチンの2用量で9から13歳の少女にワクチン接種ヒトパピローマウイルス(HPV)、子宮頸がんのほとんどの場合に責任をウイルスに感染しないように。減少し、2回投与スケジュールは、現在の3用量スケジュールと同様に有効であることが示されている。変更は、それが簡単にワクチンを投与することがなります。また、国民健康予算に制約があるが、HPVワクチンのための必要性が最大となる低·中所得国のために特に重要である、コストを削減します。今日では、55カ国以上の女子がHPVワクチンの定期投与により保護されています。心強いことに、低·中所得国が増えてGAVIアライアンスの支援を受けて、ルーチンスケジュールでHPVワクチンを導入している。

子宮頸がん予防のための女性をスクリーニングするためのHPVテストを使用します。 HPV検査では、スクリーニングの頻度が減少します。女性は負のスクリーニングされた後、彼女は少なくとも5年間再スクリーニングされるべきではなく、10内に再スクリーニングされるべきこれは試験の他のタイプと比較して、医療システムの主要コスト削減を表す。

より広く伝える。 その代わりに29歳以上の女性のスクリーニングを奨励することに主に焦点を当てのため、ガイドはより多くの人との通信をお勧めします。彼らの全体の女性たちに到達するために、青年、両親、教育者、指導者と保健システムのすべてのレベルで働く人々住んでいます。

博士ナタリーBroutet、子宮頸がんの予防と管理上の主要なWHOの専門家は、言う: “更新さだ子宮頸がんのガイダンスは、世界中の少女や女性のための生と死の間に違いがあることができます。そこには魔法の弾丸はありませんが、子宮頸がんを予防し、治療するためのより効果的かつ手頃な価格のツールの組み合わせは、特に低所得国では、ストレッチ健康予算の負担を解放し、子宮頸がんの防止に大幅に貢献するのに役立ちます。」

世界中で推定100万プラスの女性は現在、子宮頸がんと暮らしている。多くは、予防、治療処置または緩和ケアのための保健サービスへアクセスすることができません。

不平等への対応

子宮頸ガンの発生率は、主にスクリーニングと治療プログラムに、過去30年の間に開発された世界の多くで下落している。同じ時間の間に、しかし、ほとんどの発展途上国の率が上昇しているか、しばしば保健サービス、意識の欠如とスクリーニングと治療プログラムの欠如へのアクセスが制限さに、変更されません。先進国に住む農村と貧しい女性が浸潤性子宮頸がんのリスクが高い。新指針は、健康政策やプログラムの設計に、(そのような富、クラス、教育、宗教、民族など)他の社会的要因の範囲に関連してジェンダー差別やその他の不平等に取り組むことの重要性を強調しています。

「私たちはジェンダーの不平等に対処し、健康への女性の権利を確保しない限り、子宮頸がんで死亡する女性の数が上昇し続けるだろう “と博士はマーリンTemmerman、リプロダクティブヘルス研究のWHOの部門のディレクターは述べています。

編集者注:ガイドについて
新しいWHOのガイダンスは政府や医療提供者のための総合的な子宮頸がん対策と予防的なアプローチを提供します。またとして知られている「ピンクブック、「それは子宮頸がんを予防し、制御するための保健サービスへの女性のアクセスを改善するための技術と戦略における最近の発展を強調。

子宮頸コントロールと予防は、特にために、アクションに入れることができたときのガイダンスは、女性の生涯を通じて主要な機会と年齢を識別します。

●一次予防:ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種の対象の女の子は、彼らが性的にアクティブになる前に、それらに達することを目指し、9から13歳。

●二次予防:子宮頸がんに発展する可能性が検出された前癌病変の治療が続くようなVIA(酢酸で子宮頸部の目視検査)またはスクリーニングのためのHPV検査として30歳以上の女性のための技術へのアクセス、、。

●第三紀の予防:手術、化学療法および放射線療法を含むあらゆる年齢の女性のためのがん治療と管理へのアクセス。
Tertiary prevention: access to cancer treatment and management for women of any age, including surgery, chemotherapy and radiotherapy.

●根治治療はもはや選択肢である場合には、緩和ケアへのアクセスは非常に重要ではない。
保健サービスとさまざまなプログラムは、これらの勧告の異なる要素を実装するために必要とされる。ガイダンスでは、子宮頸がん予防の成功のために、保健プログラムの間、および保健サービスのすべてのレベルで作業の専門家の間で、部門間の連携の重要性を強調している。

ガイドラインは、子宮頸予防とコントロールが家族計画、産後ケア、HIV /エイズを含め、既存の医療提供システムに統合する方法を示しています。例えば青少年への予防接種の送達は、健康的な生活スタイルに関する追加の健康情報、性教育やアドバイスでそれらを到達への扉を開きます。

女性の健康改善するためのグローバルな機会:実装子宮頸がんの予防と管理プログラムは、女性のための国連事務総長の2010年グローバル戦略と子供の健康をサポートしています。子宮頸がんは予防と非感染性疾患の制御に関する国連総会のハイレベル会合の2011年政治宣言で同定された。

2013年世界保健総会は、国家保健計画における子宮頸がんやその他のNCD介入を含めたにコミットする、加盟国が合意された非感染性疾患2013年から2020年、の予防と管理のための行動計画の重点介入間として子宮頸がんを同定した。

以上のように、WHOは化学療法および放射線療法を否定していないことがわかります。
この記事をうけ、誤解を生じる過激なタイトルを変更しました。

Sponsored Link

 - 健康

スポンサーリンク

Comment

  1. ミルク より:

    大変失礼かと存じますが、
    こちらの文章、捏造であることが現在分かっております。
    2014年12月3日にWHOが次のような文書を発表しています。

    http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2014/preventing-cervical-cancer/en/

    ここで
    「Tertiary prevention: access to cancer treatment and management for women of any age, including surgery, chemotherapy and radiotherapy. 」
    と化学療法などをしようすることを推奨しております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

takadaion
【資料】 タカダイオン(高田イオン:タカダスタート)~電子負荷療法(細胞改善療法)

【商品名】タカダイオン負電荷治療器 <家庭用電位療法器> (承認番号:58B 第 …

140715_002
毎朝の習慣 レモン水で便秘解消・美肌・ダイエット 驚きの効果まとめ

朝、起きがけにレモン水をのむだけで驚きの効果を実感できる、カンタンお手軽な健康法 …

ketuatu
高血圧はほっとくのが一番

今や「高血圧症」は国民病といわれ、患者数は約5000万人もいるとされる。これはと …

tanbayasunori
漢方医 丹波康頼 日本最古の医学書 医心方撰者の生まれ変わりが存在していた!

漢方医学(東洋医学)のあゆみ 日本には遣隋使・遣唐使によって、また朝鮮経由で中国 …

150109_000
うつ病を自分で治す方法(薬なしで克服) 食事と脳(考え方)を変えるだけ 【斎藤一人さん】

うつに苦しんでる方の為に、参考になればと思いシェアいたします。 まずは、斎藤一人 …

noripiyo
摂食障害を克服された『トットル』さんと『のりぴよ』さんのブログ

. おはようございます。 本日は、『のりぴよ』さんのブログをご紹介します。 ★摂 …

hitorisanyaki
食べて圧を上げる!圧上げテンアゲ一人さん焼き!

食べ物で圧を上げる方法 身体に栄養・脳に栄養・心に栄養・魂に栄養 その中で最も優 …